「求めていたスタートではなかった」神戸主将イニエスタ、再開初戦で存在感も…敗戦の弁で明かした実情

カテゴリ:サッカーダイジェストWeb編集部

手塚集斗(サッカーダイジェストWeb)

2020年07月05日

「しっかり勝てるチームになっていきたい」

チームは敗戦も、イニエスタは常に攻撃の起点となり存在感を示した。写真:徳原隆元

画像を見る

[J1リーグ2節]神戸0-3広島/7月4日/ノエビアスタジアム神戸
 
 神戸はチームが志向するポゼッションサッカーで、終始多くの時間ボールを握り、広島を苦しめていたかのように見えた。しかし結果には結びつかず、今季公式戦初黒星で再開初戦を終えた。
 
 昨年に続き主将を務めるイニエスタは、相変わらずチームの攻撃の中心にいた。中盤のセルジ・サンペール、山口蛍と流動的にポジションを変えて相手を混乱させ、ボールを受ければ圧巻のボディバランスで相手を引き付けて、ゴールに直結するような効果的なパスを繰り出す。長い中断期間を経ての公式戦にもかかわらず、スペインの至宝はまったくと言っていいほどブランクを感じさせなかった。
 
「こちらとしてはある程度良い試合はできたんじゃないかなと思います。チャンスも作れましたし。ただ、そのチャンスをモノにできなかったのが、一番改善すべき点かなと思います。僕たちの求めていたスタートではなかったですね」
 
 イニエスタが言う通り決定機は何度も作れていた、しかし決め切る力が足りなかった。4か月ぶりの再開となったが、チームのコンディションについては、「これだけ長い期間が空いているので、ピッチ上でプレーをするまで、自分たちの準備が出来ているかどうかを実際に確かめる方法は無かった」と苦しい状況下での再開であったことを明かしている。

“リモート応援システム”によってスタジアムのスピーカーから届けられるファンの声援には、「すごく勇気付けられる」と感謝を示したイニエスタ。サポーターに対し、なるべく早く今季のリーグ初勝利を届けたい。

「プレーできること、リーグが再開したことを私たちは本当に喜んでいます。少しずつ日常に戻っていくことを願っていますし、1日でも早く皆さんにスタジアムで会えることを願っています。私たちもチームとして1試合1試合しっかり勝てるチームになっていきたいと思います」

 神戸は次節、中3日となる8日にアウェーで鳥栖と対戦する。今後の過密日程を考慮しても、連敗は何とか避けたいところだ。
 
取材・文●手塚集斗(サッカーダイジェストWeb編集部)

【PHOTO】チームの歴史が一目でわかる!ヴィッセル神戸の「歴代集合写真」を一挙紹介!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月24日発売
    総勢40名が選ぶ!
    J1前半戦
    MVP&ベストイレブン
    「司令塔」特集も必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ