躍動した久保建英を待ち伏せ!ユニホーム交換を申し出たセルタの名手は?

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年07月01日

ともにメガクラブからレンタル中

セルタ戦で83分までプレーし、4点に絡む活躍を見せた久保。(C) Getty Images

画像を見る

 現地時間6月30日に開催されたラ・リーガ第33節で、久保建英を擁する18位のマジョルカはひとつ順位が上のセルタとのサバイバルマッチに5-1と圧勝。まだ崖っぷちの状況ながら、1部残留に望みを繋いだ。

 この重要な一戦で、4-3-3の右ウイングで9試合連続のスタメン出場を果たした久保は、2アシストをマークするなど、4点に絡む圧巻の活躍。ゴールこそなかったものの、攻撃を牽引した。

 その活躍ぶりは、敵の選手にも感銘を与えたのかもしれない。試合後、ユニホームを交換しようと、久保がドレッシングルームに下がってくるのを、わざわざ待っていたプレーヤーがいた。ブラジル代表MFのラフィーニャだ。
 
 この試合で先発し、71分までプレーしたテクニシャンは、他の関係者と会話をしている久保に歩み寄り、自らのユニホームと引き換えに、希望通りマジョルカの26番のシャツをゲットしている。

 現在27歳のラフィーニャは兄のチアゴ・アルカンタラ(現バイエルン)とともに、久保と同じくようにバルサのカンテラ(下部組織)で育った。ただ、トップチーム昇格後は、なかなか出番に恵まれず、プレシーズンで結果を残したにもかかわらず、今季もセルタヘレンタルされている。

 同じようにメガクラブであるレアル・マドリーからレンタルされ、技巧派のレフティーという共通点が少なくない久保の活躍に、刺激を受けたのか。いずれにしても、セレソン戦士が交換を申し出るほど、この若きサムライは認められているということだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】久保建英を待ち伏せしてユニホーム交換をするラフィーニャ(3時間2分~)

【動画】久保建英の2アシスト&4点に絡んだ圧巻パフォーマンスはこちら

【PHOTO】日本の至宝・久保建英の輝き続ける活躍を厳選ギャラリーでお届け!2017~2020

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ