【U-22日本代表】シンガポールに8ゴールの圧勝! 存在感を増す背番号10

カテゴリ:日本代表

飯尾篤史

2015年02月14日

フィニッシュに絡むだけでなく、ボールを引き出して、相手のマークを錯乱させて、スペースを生み出す

“今年初”となるフル出場に本人は「疲れた」と振り返るが、最後まで躍動感溢れるプレーを披露し、完勝の立役者となった

画像を見る

終盤に1失点したものの、圧倒的な攻撃力でシンガポールをねじ伏せた日本。1次予選に向け勢いづく完勝劇となった

画像を見る

 U-23シンガポール代表は1か月にわたる合宿を組み、トルコ遠征を敢行するなどの強化に務めていた。会場は相手のホーム、しかも不慣れな人工芝のピッチとあって苦戦も予想されたが、蓋を開けてみれば8-1の完勝。3月27日からマレーシアで開幕するオリンピック1次予選に向けて、まずまずの手応えを得た。
 
 8ゴールすべてが流れのなかから生まれた空前のゴールラッシュ――。その口火を切ったのが、4-2-3-1のトップ下を務めた中島翔哉だった。
 
 開始直後から動き出しの早さでシンガポールの守備陣を翻弄していた中島は10分、右SBの松原健のアーリークロスがディフェンスの裏でバウンドした落ち際を左足で叩き、先制ゴールをマークする。
 
 さらに22分、ボックス内の右寄りで豊川雄太のスルーパスに反応し、右足を振り抜いてゴール左隅に突き刺した。
 
「昨日のシュート練習では外しまくっていたんだけどね」
 
 そう言って手倉森誠監督は笑ったが、裏を返せば、ゴール前の攻防に費やした前日のトレーニングで、最もシュートまで持ち込んでいたのが中島でもあったのだ。
 
 中島が披露したのは、フィニッシュへの高い意欲だけではない。
 
 動き出しが早いからボールが自然と集まってくる。トップ下とトップを自由に行き来してマークを撹乱し、中島が動いて生まれるスペースやマークのズレを突くことで、チームが押し込む時間が増えていく。中島が振り返る。
 
「味方と相手の動きのなかでどこにスペースが生まれるか、というのは最近ずっと考えている。そこは少しずつだけど、できるようになっていると思います」
 
 ハーフタイムには4人を入れ替え、システムを4-3-3に変更。左ウイングに回った中島はハットトリックこそならなかったが、64分、72分にはあわやゴールというシュートを放ち、76分に室屋成のゴールをアシスト。90分間フル出場を果たした。
 
「疲れましたね。90分やったのは今年になって初めてで、練習試合でもやっていなかったので。でもここで90分を経験できて、今季の最初としては良かったと思います」
 
 韓国を相手に0-1で敗れた昨年9月のアジア大会の後、手倉森監督は「攻撃陣のテコ入れ」を示唆した。
 
 その言葉どおり、昨年12月のタイ・バングラデシュ遠征ではスイスのヤングボーイズに所属する久保裕也、U-19日本代表のエースだった南野拓実、広島と鹿島でそれぞれ出場機会を増やした浅野拓磨と豊川を招集した。
 
 攻撃陣のポジション争いはここに来て激化しているが、チーム結成以来、10番を背負う中島の存在感は増している。
 
■試合データ■
日本 8-1 シンガポール
得点者:日=中島②(10、22分)、荒野②(56、83分)、鈴木(34分)、井出(42分)、大島(45+1分)、室屋(76分) シ=ファンディ(78分)
 
取材・文:飯尾篤史(スポーツライター)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    12月15日発売
    2018年シーズンを総括!
    Jリーグ総集編
    全57クラブの激闘収録
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月16日発売
    鹿島アントラーズ
    悲願のACL制覇
    「20冠達成記念号」
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月24日号
    1月10日発売
    J1・J2全40クラブの
    最新陣容チェック&
    移籍相関図
    南野と長友の特製ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月4日発売
    欧州100クラブの
    「エース図鑑」
    最も頼れる男はだれだ!?
    2019年“大展望”も必見
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.26
    12月5日発売
    冬の決定版!
    2018選手権名鑑
    男子48代表・1440選手を紹介
    女子も32代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ