“北関東ダービー”は水戸に軍配! 中山仁の移籍後初得点を含む2ゴールなどで群馬に3発快勝

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年06月27日

再開初戦は水戸が中山仁の2ゴールで群馬を下し、好スタートを切った。写真:滝川敏之

画像を見る

 6月27日、J2リーグは約4か月ぶりの再開を迎え、各地で9試合を実施。正田醤油スタジアム群馬で開催された“北関東ダービー”では、水戸が群馬を3-1の快勝で下し、再開初戦で好スタートを切っている。

 無観客により行なわれた北関東のライバル同士の一戦は、再開初戦の特別なゲームとあって、お互いに球際で激しくボールを奪い合い、チャンスを窺う。

 立ち上がりは、アウェーの水戸が主導権を握り、開始6分にペナルティエリア手前での細かいパス回しから、最後はスルーパスに反応したFW中山仁斗がフリーでシュートを放つ。ゴール右隅を狙ったシュートはGKに防がれ得点とはならなかったが、選手全員が連動した動きで相手ゴールを脅かす。

 一方で群馬はカウンターからたびたび好機を創出するも、ラストパスが2トップの加藤潤也、林陵平に良い形でボールが収まらず、シュートで終われない。

 試合が動いたのは34分だった。水戸がCKを獲得し、キッカーの外山凌がグラウンダーの鋭いクロスを供給。ニアサイドに走り込んだ選手らの間を抜けたボールに、走りこんでいた中山仁がヘッドで合わせ、ゴール右に流し込む。今季、磐田から新加入した中山仁の移籍後初得点で、貴重な先制点を奪う。
 
 後半も1点リードしたアウェーチームが、相手のパスコースを限定してボールを取り切り、素早く攻撃に移行。53分にはCKからンドカ・ボニフェイスが高い打点のヘッドで合わせるも、GK清水慶記のビッグセーブに遭う。

 71分、ペナルティエリア内でパスを受けた中山仁が、相手DFに囲まれながらも反転して右足を振り抜き、追加点を挙げる。さらに85分にもンドカ・ボニフェイスがCKからヘッドで決めて3点目を奪う。

 終了間際の88分に1点を返されたものの、試合はこのまま終了。見事な動き出しとポジショニングで何度もゴールに迫り、相手の脅威となっていた中山仁の2ゴールなどで水戸が3発快勝を飾っている。

 この結果、水戸が今季初勝利を挙げ、群馬は開幕戦に続き2連敗を喫した。次節は7月4日に群馬はアウェーで大宮と、水戸がホームで千葉と対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ