手倉森采配がズバリ!長崎がルアンの初ゴールなどで、5人交代枠を使い切った北九州に2-1逃げ切り勝ち

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年06月27日

交代直後にルアンがJ初ゴール!

前線の2枚替えが的中し、勝利を呼び込んだ手倉森監督。写真:滝川敏之

画像を見る

 新型コロナウイルスの影響で4か月の中断期間を経て、J2リーグがついに再開。6月27日には、観客を入れない“リモートマッチ”によって、第2節の9試合が各地で開催された。

 トランスコスモススタジアム長崎で行なわれたV・ファーレン長崎対ギラヴァンツ北九州の一戦は、2ー1で長崎が勝利を収めた。

“リモートマッチ”での開催のため、両チームベンチサイドからバラバラに入場。試合開始前には、センターサークルに両チームが間隔を置きながら布陣し、10秒間の拍手で医療従事者に感謝の気持ちを表わすセレモニーが行なわれた。

 音が聞こえるほどの激しい雨のなかで行なわれた試合は、ホームの長崎が幸先良く先制点を記録した。

 名倉巧が敵陣中央でボールを受けると右サイドに展開する。この日初スタメンとなったMF毎熊晟矢が敵陣深くまで突破しグラウンダー折り返すと、中央のFW富樫敬真がスルー。逆サイドまで流れたボールにDF亀川諒史が走りこみ、右足で狙い澄ました一撃で長崎が先制に成功する。
 
 その後もボールを保持し攻め込む長崎は、セットプレーからDFの二見宏志やフレイレがシュートを放つものの、追加点が遠い。

 一方の北九州は、今季限定の5人交代可能な新ルールを念頭に置いてか、前半から交代のカードを使う。DF生駒仁に代えてMF國分伸太郎を投入。ハーフタイムには、DF福森健太に代えてDF野口航を投入するなど、2年目の小林伸二監督が積極的な采配を見せ、北九州のペースに持ち込む。

 その後も1-0のまま推移すると、62分に長崎の手倉森誠監督が動く。名倉巧に代えてルアン、富樫敬真に代えてビクトル・イバルボと前線を2枚替え。すると、この采配がズバリ的中し、待望の追加点がルアンのJリーグ初ゴールによってもたらされる。65分、ルアンが自陣から前線にボールを運ぶと、前線のイバルボとパス交換で守備を突破し、シュートを放つ。これがゴール左に決まり2-0と長崎がリードを広げた。

 その後、北九州も79分に交代出場の國分が得点を決め1-2と1点差に迫ると、椿直起に代えてディサロ燦シルヴァーノ、鈴木国友に代え佐藤亮と5人の交代枠すべてを使い切った。

 対する長崎もその後に交代枠5人を使い切ると、スコアはこのまま逃げ切りに成功し、2-1と勝利を収めた。

 コロナ禍の影響でしばらくは近隣チームとのマッチメークが優先して行なわれる。“リモートマッチ”で行なわれる次節、長崎は敵地でアビスパ福岡と対戦。北九州はホームにFC琉球を迎える。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
【J再開後の注目株|長崎】手倉森監督の下で覚醒…「崖っぷち」から蘇ったアタッカーが新エースとなるか
J1はもう夢の舞台ではない――V・ファーレン長崎の基準を押し上げた2018年の苦闘
【J再開後の注目株|北九州】新型コロナ“第2波”に揺れるホームタウン。難局のチームで存在感を示すキャプテンの矜持
【担当記者コラム】プロフェッショナルを植え付けた“三浦体制”。北九州が迎えた大きな転換期
「スゴい!超大作!!」名誉マネージャー“サトミキ”が投稿した“Jリーグ愛”にファンも驚愕!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ