Jリーグ再開初戦のスタジアムの様子は?“リモート応援”は響くも雰囲気は激変

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2020年06月28日

静寂に包まれた場面も

無観客で行なわれた千葉と大宮の一戦。試合前には医療従事者らへ向けた感謝の拍手も送られた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 Jリーグが約4か月ぶりに戻ってきた。2月23日に開幕戦を行なっていたJ2は、新型コロナウイルスの影響を受けて中断。紆余曲折を経て、J1に先立って6月27日に感染予防を徹底したなかで、再開を迎えた。

 フクダ電子アリーナで開催されたのは、ともにJ1昇格レースに絡みそうな千葉と大宮の一戦。本来であれば、サポーターの移動距離を含め、多くの観衆が集まったはずのゲームである。

 しかし再開後のJリーグは、リモートマッチ、いわゆる無観客試合で行なわれ、この日も蘇我駅からスタジアムへ伸びる一本道には人の姿はまばら。試合前には記者、カメラマンを含め、メディア関係者全員が検温、手の消毒、問診表の提出と細かい手順を踏み、記者は通常のメディアルームへ入室できず、上階の記者席へ直接、向かう形となった。

 空席が広がる光景はやはり異様だ。千葉のユン・ジョンファン監督は「正直、練習ゲームのような雰囲気でした」と振り返る。
 選手入場の直前には、BGMが収まり、数分、スタジアムが静寂に包まれた場面もあり、高揚感が高まるいつもの試合前とは別物の空間がそこには広がっていた。

 選手は普段、入場する中央の入り口からではなく、チームごとに分かれてスタジアムの左右の入り口からピッチへ。集合写真も各選手が距離を空けて収まり、健闘を誓う握手も止む無く行なわずに、センターサークルで医療従事者らへの感謝の拍手を送った後にゲームがスタートした。

「良い声をかけていこう!」と千葉のGK新井章太の声が際立ったのは印象的で、「集中していこう!」と、スタンドで観戦した千葉のベンチ外のメンバーの声もよく聞こえたのは、リモートマッチならではの光景と言えるだろう。

 当の新井は「難しかったのは入りの部分。整列もないなかで、普段とは異なる雰囲気で始まったので、声をかけながらやりました。ただ逆に声が通るというのもありました。そこはコミュニケーションを取りながらやれたというのは良かったかなというのはあります」と率直な感想を口にする。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ