• トップ
  • ニュース一覧
  • “四国ダービー”は0-3からの大逆転劇! 後半開始時に‟3枚替え”の愛媛が徳島を退け今季初勝利!

“四国ダービー”は0-3からの大逆転劇! 後半開始時に‟3枚替え”の愛媛が徳島を退け今季初勝利!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2020年06月27日

計7得点のうち、6得点がセットプレーから生まれる

3点目を決めた西岡大輝。ハーフタイムから出場し、勝利に大きく貢献した。(C)EHIME FC

画像を見る

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため中断されていたJ2リーグが今日から再開。しばらくは近隣地域により対戦カードが組まれることで、今節に愛媛対徳島の“四国ダービー”が開催された。

 序盤からボールを支配し、試合を優位に進めたのはアウェーの徳島。10分にCKのこぼれ球を押し込んだ岩尾憲のゴールで先制すると、16分には再びCKから垣田裕暉のヘディングシュートでリードを広げる。さらに前半アディショナルタイムに三度CKから相手のオウンゴールを誘発し、3点差で試合を折り返した。

 後半はハーフタイムで3枚の交代カードを切った愛媛が攻勢を強める。52分にFKのこぼれ球を決めた横谷繁の得点で1点を返すと、55分にはPKを獲得。しかし、キッカーの藤本佳希のシュートはGK上福元直人に防がれ、愛媛は点差を縮めることはできなかった。
 
 とはいえ、その後も優位に試合を進めたのは愛媛。78分にCKから有田光希の得点で1点差に詰めると、さらに83分には再びCKから西岡大輝のシュートで同点に追いついた。

 ここで終わらないのがこの日の愛媛。90+6分に前線からプレッシャーをかけると、徳島のミスを誘発してボールを奪う。最後は西岡大志が右足で冷静に流し込んで、逆転弾を奪った。

 試合はそのまま終了。両チームの7得点のうち6得点がセットプレーから生まれた“四国ダービー”は、愛媛が0-3から4点を奪って4-3。大逆転劇となった。

 次節は愛媛がアウェーで山口と、徳島がホームで京都と戦う。

構成●サッカーダイジェスト編集部
 
【関連記事】
【TM】「コンペティテイブ」を発揮したJ3今治がJ2愛媛に勝利! “初航海”に向け掴んだ手応えとは?
【J再開後の注目株|愛媛】プロキャリア“17分”のルーキー三原秀真がチーム活性化のカギを握る
【J再開後の注目株|徳島】「あの1本が入っていれば…」昨季の悔しさを誰よりも知るボランチの雑草魂
「クボが素晴らしい印象を残した」マドリー戦の久保建英をスペイン紙が絶賛!「メッシの親戚」
「貴族的なクボとその他の労働者」久保建英の“格の違い”にスペイン紙が注目!「メッシとも比較され…」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ