「ドリームパスだ」7か月ぶり弾&4点目演出の大迫勇也を現地称賛!ブレーメン指揮官は「前線でとても、とても強い」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年06月14日

967分ぶりのゴールを奪取

昨年11月以来となる今季5点目を決め、喜びを爆発させる大迫。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間6月13日に行なわれたブンデスリーガ第31節で、大迫勇也が所属する17位のブレーメンは、敵地で最下位のパーターボルンとのサバイバルマッチに臨み、5-1の大勝を収めた。

 残留を懸けた重要なゲームで、2点に絡む活躍を見せたのが大迫だ。3試合連続で先発に名を連ねた日本代表FWは、1点をリードして迎えた34分、FWジョシュア・サージェントが放ったシュートのこぼれ球に素早く反応し、貴重な追加点を奪取。これが昨年11月のシャルケ戦(12節)以来、約7か月ぶりとなる、リーグ戦今季5ゴール目(公式戦6点目)となった。

 さらに1点を加えて迎えた59分には、見事なポストプレーを披露。DFを背負いながら、反転してMFダフィ・クラーセンに絶妙のパスを送り、MFマキシミリアン・エッゲシュタインの4点目を演出した。
 
 この活躍にドイツ・メディア『Fehmarn24』は採点で大迫に「2点」(1~6点で数字が低いほど良い)を与え、寸評でこう綴った。

「34分のゴールは何の苦労もなく、ほこりを払う程度のものだった。これが967分ぶりの得点だった。非常に活発に動き、クラーセンへの“ドリームパス”で4点目の起点となった」

 また、ブレーメン専門サイト『Deichstube』によれば、フロリアン・コーフェルト監督は試合後、「オオサコは、サージェントとともに前線でとても、とても強かった」と称賛したという。

 これでブレーメンは16位のデュッセルドルフと勝点28で並び、得失点差でも1差に迫った。残りは3試合。残留を懸けた負けられない戦いが続くなか、長いトンネルから抜け出た30歳のサムライ戦士に掛かる期待が大きいのは、言うまでもない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】大迫勇也の今季5ゴール目&“反転ドリームパス”はこちら

【大迫勇也PHOTO】「半端ないって!」高校時代から現在までの厳選フォトをお届け! 2009~2020
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月24日発売
    総勢40名が選ぶ!
    J1前半戦
    MVP&ベストイレブン
    「司令塔」特集も必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ