「クボがボスの座を勝ち取った」久保建英が36歳の重鎮MFにFKを譲らず!地元紙も注目「ボールを放さなかった」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年06月14日

強烈なシュートでバルサを脅かす

セビージャ(右)に決してキッカーを譲らなかった久保。(C) Getty Images

画像を見る

 現地時間6月13日に行なわれたラ・リーガ第28節で、久保建英が所属する18位のマジョルカは、首位のバルセロナをホームに迎え、0-4の大敗を喫した。

 約3か月ぶりの試合でリーガ王者も万全とは言い難く、圧倒されたわけではなかったものの、開始早々にアルトゥーロ・ビダルに先制点を許し、あっさり主導権を渡してしまったのは痛恨だった。

 そんな劣勢のチームにあって、果敢なドリブルから惜しいシュートを放つなど、小さくないプレゼンスを発揮した久保には、現地メディアも軒並みポジティブな評価を与えている。

「先制された後、バルサを揺さぶったマジョルカの中心にはクボがいた」と綴った地元紙『Diario de Mallorca』が注目したのは、あるワンシーンだ。
 
 30分過ぎ、マジョルカはペナルティーアークのやや外側という好位置でFKを獲得する。この場面で、久保はずっとボールを抱えたまま、普段FKを蹴る機会が多い36歳のサルバ・セビージャに譲らず、自らセットしてキック。鋭いシュートが敵GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンを急襲したが、正面だったため弾かれてしまい、惜しくもゴールにはならなかった。

『Diario de Mallorca』紙は、「セビージャが蹴るはずだったFKの場面で、クボはパワフルなショットを撃つまでボールを放さなかった」と綴り、「クボがこのチームの“ボス”の座を勝ち取ったことを示した」と伝えている。

 これまでもセビージャが出場した試合では、なかなかプレースキックを蹴らせてもらえなかった久保。17歳年上の重鎮にキッカーを譲らなかったのは、自信の表われとも言えるだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】地元紙も注目!久保建英のFKシーンはこちらから


【動画】「速すぎる」とファン驚愕!久保建英が披露した、超高速ダブルタッチからの鮮やかループ弾はこちら!

【動画】「スゴ技集とかに載るやつや」久保建英が披露した衝撃の“ラボーナ弾”はこちら!

【動画】保有元のマドリーも高評価!マジョルカ久保建英の驚愕テクニックはこちら

【PHOTO】日本の至宝・久保建英の輝き続ける活躍を厳選ギャラリーでお届け!2017~2020

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ