【川崎】鬼木達監督が語ったリーグ再開までの強化プラン。先輩“ペナルティ・ワッキー”へのメッセージも

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2020年06月13日

「今、踏ん張りどころで選手は頑張ってくれている」

笑顔で選手たちを見守る鬼木監督。リーグ再開へ準備を進める。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 6月12日、川崎の鬼木達監督がオンライン取材に応じ、7月4日のJ1再開へ強化プランを語った。

 新型コロナウイルスの影響で約2か月、活動を休止していたチームは、6月2日にグループトレーニングから全体練習に移行し、準備を進めている。

 本格的なトレーニングを再開させてから11日。鬼木監督はチームの現状を「コンディションは良い状態だと思います。ただ疲れが今、ピークかなと。選手にも(シーズン前の)キャンプのようにやると言っているので、疲れはあると思います。そのなかで、質は疲れともに多少、落ちるところもありますが、今、踏ん張りどころで選手は頑張ってくれていると思います」と説明する。

 今後は実戦勘を取り戻すためにトレーニングマッチも取り入れる予定だ。

「練習試合は当然組んでいって、固定せずにどういうメンバーでも戦えるようにしていきたいのと、そのなかでどの組み合わせがスムーズなのか、そこを確認したいです。あとはキャンプから空いたので、自分たちがチャレンジしているサッカーを取り戻す、頭をもう一回思い出してもらいたいです」

オンライン取材に応じてくれた鬼木監督。チームの現状などを説明してくれた。

画像を見る

 そして具体的な強化プランも示す。

「今週1週間は自分たちの形、攻撃、守備の両方を確認しました。当然、身体に沁み込んでいるところもあれば、忘れてしまっているところもあるので、そこはゲームを通して反省点を見つけていきたいと思います。来週からゲームを組ながら、ラスト2週くらいで自分たちの形が確立されてくると思います。最終週になれば対戦相手に対してというところもやっていくことになります。時間的には焦ってもないですし、十分、良い形で迎えられると思います」

 さらに「大きな武器になりますし、ピンチにもなりますので自分たちもしっかり取り組もうと、選手たちにも話しました」というセットップレーも鍵に上げ、今後、向上を図っていく。



 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ