「C・ロナウドとメッシには腹が立つ」名手インザーギが両雄に恨み節?「13年前に対戦した時…」

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020年06月12日

弟シモーネが率いるラツィオについては…

現役時代は生粋の点取り屋として鳴らしたインザーギ。現在はセリエBのベネベントを指揮する。(C) Getty Images

画像を見る

 イタリア・サッカー界の再開初戦となる6月12日のコッパ・イタリア準決勝第2レグ、ユベントス対ミランの一戦を前に、両クラブのOBであるフィリッポ・インザーギがイタリア紙『Gazzetta dello Sport』のインタビューに応じた。

 現在のユベントスの顔であるクリスチアーノ・ロナウドとは、2007年のチャンピオンズ・リーグ(CL)で対戦した。当時のC・ロナウドはマンチェスター・ユナイテッドに所属。インザーギがプレーするミランは、ホームでの準決勝第2レグでユナイテッドを下して決勝に進み、優勝を果たした。

 それから13年。このポルトガル代表FWがこれほどのゴールゲッターになると思ったか問われると、インザーギは「これほど素晴らしい(ゴールゲッターになる)とは思わなかったかな。彼の練習ぶりを知るから、自分が率いるチームの模範に欲しい」と賛辞を寄せつつ、ジョークも飛ばしている。

「ただ、わたしはC・ロナウドとリオネル・メッシに少し腹が立っているんだ。彼らのおかげで、わたしとラウール・ゴンサレスがカップ戦で少ししかゴールを決めていないみたいになったからね」
 
 イタリアは17日のコッパ・イタリア決勝を経て、20日からセリエAも再開となる。首位ユベントスを勝点1差で追う2位ラツィオの指揮官は、インザーギの弟シモーネだ。

 セリエBで首位を独走するベネベントを指揮する兄は、「ラツィオは夢を追わなければいけない。彼らはやれると確信しているよ。インテルも未消化の試合に勝てばまだレースに残る。アントニオ・コンテのような監督がいてあきらめるはずもない」と、三つ巴の優勝争いを予想した。

「ユベントスの選手層はどこにもないものだ。だが、3日ごとに試合をするから、あらゆることが起こり得る」

 一方で、CLは8月に中立地で各ラウンド1試合ずつのトーナメント方式で再開されると言われている。インザーギは「やってみたかったよ!」と、自身が経験したことのない形式に興味を示した。

「こういう形式からは、サプライズを期待するね。こうやって言いながら、わたしが考えているのはアタランタのことだ。(新型コロナウイルスのために本拠地)ベルガモはとても苦しんだ。(アタランタがCLで優勝したら)とても素晴らしいことだろうね」

 ラツィオやインテルが絶対王者ユベントスから覇権を奪うのか。アタランタが欧州最高峰の舞台でドラマをつくるのか。ついにカルチョが戻ってきたイタリアに注目だ。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月27日号
    5月13日発売
    J29年目突入記念企画
    J1&J2全42クラブの
    歴代レジェンドを
    格付け!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ