【韓国メディアの視点】日本代表監督人事に興味津々 「欧州の監督になぜ断られるのか」の鋭い分析も

カテゴリ:日本代表

慎武宏

2015年02月10日

新監督候補の名前はほぼすべて韓国でも紹介されている。

アギーレ(右)の後任監督人事は、韓国でも関心事。霜田技術委員長(左)の渡欧など、内情を捉えた鋭い指摘も。 写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ハビエル・アギーレ監督との契約を解除し、新監督探しに奔走する日本サッカー協会の動向は、韓国でも逐一報じられている。
 
 日本の各スポーツ新聞が取り上げる監督候補の名前はほぼすべて韓国でも紹介されており、オランダのベルト・ファン・マルバイクが浮上した際には、一部のネチズンが過剰な反応も示した。
 
 昨年夏、大韓サッカー協会もファン・マルバイクにオファーを出しながら、同監督が韓国に居住しての采配に難色を示して白紙になった経緯がある。そのことから、
「日本は在宅勤務を希望する監督を選ぶのか」
 と皮肉る書き込みがあったほどだ。
 
 ミカエル・ラウドルップが有力候補に浮上していることも報じられている。かつてキ・ソンヨンが所属するスウォンジーを指揮し、現在はナム・テヒが所属するカタールのレフウィヤを率いているため、
「韓国のファンには馴染みの名前」(ネットメディア『OSEN』)
 と報じるメディアもあった。
 
 もちろん、チェーザレ・ブランデッリ、クラウディオ・ラニエリ、グレン・ホドルらに打診を断られたことも伝えられている。
 
「司令塔急務の日本、3日間で3人に拒否された」(サッカー専門誌『ベストイレブン』)
「気を揉む日本、監督候補たちが続々と謝絶」(スポーツ新聞『スポーツ京郷』)
 
 スポーツ新聞の『スポーツ朝鮮』は、
「ヨーロッパの監督たちが日本代表監督職を相次いで拒否する理由は?」
 と題した記事の中でこう分析している。
 
「日本代表監督職は一時期、安定的なポストとして噂だった。欧州に劣らない高い年俸に4年の契約期間、優秀な選手が揃っていることなどで脚光を浴びた。にもかかわらず、候補者たちが相次いで断っているのは、わずか数試合のAマッチを経てワールドカップ予選に臨まなければならないという時間的な切迫もさることながら、日本サッカー協会の軌道修正も原因だと指摘できる。
 
 日本はブラジル・ワールドカップ直後にアギーレ監督を選任し、次回ワールドカップまで保障する4年契約を結んだ。しかし今回の監督選任過程で、技術委員会が毎年契約を更新する案を持ち出した。毎年のように成績が問われ、チーム運営に圧迫を受ける状況で、遠く離れた日本を選ぶのは欧州の監督たちにとっては十分すぎるほどに負担だろう」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト5月23日号
    5月9日発売
    2019年シーズン
    J1&J2序盤戦総括
    全1250選手「通信簿」
    高校サッカー別冊付録も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月16日発売
    WSD恒例企画
    2018-2019シーズン
    「BEST PLAYER」
    マンC優勝記念ポスターも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ