4点差の衝撃!! マドリードダービーにおける大差スコアの歴史

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2015年02月08日

過去に4点差が付いたダービーは12試合でA・マドリーが7勝。

コケが開始10分で負傷退場というアクシデントに見舞われたものの、A・マドリーはライバルに主導権に渡すことなく、次々とゴールを生み出していった。 (C) Getty Images

画像を見る

 最終ラインに多くの怪我人を抱えて不安材料は多かったものの、レアル・マドリーがマドリードダービーでアトレティコ・マドリーに0-4という歴史的大敗を喫したことは、大きな驚きであった。
 
 昨シーズンのチャンピオンズ・リーグ(CL)決勝でも、延長戦の末に4-1(R・マドリーの勝利)という大差が付いたこのカードだが、この時はA・マドリーが後半ロスタイムの失点で力尽き、延長戦では防戦一方で、ただ試合終了の笛を待つのみだった。
 
 リベンジを果たしたA・マドリーのディエゴ・シメオネ監督は、しかしCL決勝でピッチに乱入した時とは打って変わって今回は冷静に勝利を振り返り、好プレーを見せた選手を称賛しながらも「勝点3を手にしただけ」と語っている。
 
 一方、衝撃的な大敗を喫したR・マドリーは、カルロ・アンチェロッティ監督が「就任以来、最悪の出来だった」と反省の弁を口にするとともに、「A・マドリーはプレー、メンタリティの全てにおいて我々を上回った」と、ライバルを称賛することも忘れなかった。
 
 出場停止明けのクリスチアーノ・ロナウドは「(4点を失っても)勝点4を失ったわけではない」と強がりながらも、自チームの出来の悪さを素直に認め、「この敗戦から学ばなければならない」という謙虚なコメントを残している。
 
 実力伯仲の両チームだけに、R・マドリーの陣容とコンディションの悪さを考えれば、今回の結果は十分にありうるものではあったが、それでもライバル相手に4点差の勝利は歴史的にもそうそうお目にかかれるものではなく、A・マドリーに関わる人々の喜びは大きいようだ。
 
 これまで、両チームはリーガの他、国王杯、そして欧州カップ戦を合わせて通算172試合を戦っており、R・マドリーが92勝35分け45敗と大きく上回っている。A・マドリーのホーム、ビセンテ・カルデロンでも35勝21分け27敗と勝ち越しているのは、やはりR・マドリーだ。
 
 そんな歴史を持つこのカードで、4点差が付いた試合は以下の12試合。ここではA・マドリーが7勝と上回っている。

 このダービーに懸ける意気込みの強さは、バルセロナに目が向きがちなR・マドリーよりA・マドリーの方が強く、今回のようにR・マドリーが完調ではない時には、内容でもスコアでもA・マドリーが圧倒するようだ。
 
◎4点差が付いたマドリードダービー
 
2015年2月7日 A・マドリー 4-0 R・マドリー
得点者:チアゴ、サウール・ニゲス、アントワン・グリーズマン、マリオ・マンジュキッチ
 
2003年6月15日 A・マドリー 0-4 R・マドリー
得点者:ロナウド(2点)、ラウール・ゴンサレス(2点)
 
1987年11月7日 R・マドリー 0-4 A・マドリー
得点者:フリオ・サリナス、パウロ・フットレ、ロペス・ウファルテ(2点)
 
1985年4月7日 R・マドリー 0-4 A・マドリー
得点者:ウーゴ・サンチェス、ロベルト・マリナ、ルイス・カブレラ(2点)
 
1983年10月30日 R・マドリー 5-0 A・マドリー
得点者:ヨーン・メトゴッド、ファニート、サンティリャーナ、ウリ・シュティーリケ、ミゲル・アンヘル
 
1980年5月4日 R・マドリー 4-0 A・マドリー
得点者:サンティリャーナ、オウンゴール(2点)、ロベルト・マルティネス
 
1977年1月2日 A・マドリー 4-0 R・マドリー
得点者:ルベン・カノ(2点)、ルベン・ディアス、フランシスコ・ベルメホ
 
1963年11月24日 R・マドリー 5-1 A・マドリー
得点者:R=アルフレッド・ディ・ステファノ、アマンシオ・アマロ、フランシスコ・ヘント(2点)、フェレンツ・プスカシュ A=ホルヘ・メンドンサ
 
1958年11月2日 R・マドリー 5-0 A・マドリー
得点者:ホセイト、レイモン・コパ(2点)、ヘント、プスカシュ
 
1951年3月18日 A・マドリー 4-0 R・マドリー
得点者:ペレス・パジャ(2点)、オウンゴール、ティンテ
 
1950年2月12日 A・マドリー 5-1 R・マドリー
得点者:A=ラファエル・ムヒカ(2点)、ホセ・フンコサ(2点)、アドリアン・エスクデロ R=ヘスス・ナーロ
 
1947年11月23日 A・マドリー 5-0 R・マドリー
得点者:エスクデロ、パコ・カンポス、フンコサ(2点)、アントニオ・ヴィダル

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ