香川真司にJ電撃復帰の可能性!? スペイン紙が今季終了後の去就を予測「アイドルのままの日本も…」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年06月05日

「真のスタートしてやって来たが…」

サラゴサで満足のいく結果を残せていない香川。その去就が騒がしくなっている。 (C)Mutsu FOTOGRAFIA

画像を見る

 ラ・リーガ2部のレアル・サラゴサに所属する日本代表MF香川真司の去就が、注目を集めている。

 現在31歳の日本代表MFは、昨夏に自身の念願でもあったスペイン挑戦を叶えたが、コンディションが万全ではなく、昨年11月に若手スペイン人FWのハビ・プアドが加入したこともあって序列が低下。年明けから出場機会が激減している。

 サラゴサとは、昇格すれば自動的に1年の更新がされる特別な契約を締結しているという香川。だが、決して裕福ではないクラブの懐事情もあり、公式戦23試合でわずかに2ゴールと目に見える結果を残せていない男の去就は不透明なままだ。

 苦境に立たされる香川についてはスペイン・メディアも辛辣だ。現地時間6月2日に地元紙『El Desmarque』は、「今シーズンの終了は、シンジ・カガワのサラゴサの一員としてふさわしいかを見直すことを意味する」とし、次のように続けた。

「真のスターとしてやってきた日本人MFだったが、ほとんど輝く機会がなく、現状として彼の未来はデ・ラ・ロマレーダ(サラゴサ本拠地)からは遠ざかっているように見える」
 

 さらに同紙は、香川のこれまでの功績について、「31歳で素晴らしい経歴を持っている」としたうえで、「いまだ選手としての可能性もあるため、今夏の移籍市場で、別のチームからのオファーにサインしても不思議ではない」と綴り、日本復帰の可能性も指摘した。

「彼の将来は、金銭的にも余裕のあるアメリカのMLSとカタールリーグにあるように見えるが、トルコへの再上陸、そして彼がアイドルのままである日本復帰など他の提案も排除しきれない。いずれにせよ、今シーズンの終わりは、カガワの次の移籍市場での方向性と大いに関係しそうだ」

 新型コロナウイルスの影響で中断していたラ・リーガも現地時間6月11日からの再開が決定した。残された11試合は、香川のキャリアにとって重要な意味を持ちそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ