【横浜FC】「いろんな葛藤があった」サッカーから離れた期間、カズが感じていたことは?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2020年06月03日

目標は「FWとしてゴールをする、アシストをする」

久々のチームでの活動を終え、「みんなで芝生のグラウンドの上で集まって、練習できたのは嬉しかった」と振り返る。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1の横浜FCは6月3日、休止していたトップチームの活動を再開。トレーニングは2グループに分けて行なわれ、主にフィジカルチェックに重きが置かれる内容で、35メートル走や体幹のテスト、2400メートル走といったメニューで選手たちは汗を流した。

 練習後にオンラインでの取材に応じた三浦知良は、久々のチームでの活動を振り返り、「まだ2グループに分かれていますけど、久しぶりにみんなで芝生のグラウンドの上で集まって、練習できたことは非常に嬉しく思います」と感想を述べた。

 練習や試合から遠ざかっていた期間中に感じたことについては「新型コロナウイルスの影響で、世の中でいろんなことが起きていて、自分自身も不安に思っていましたし、自分が感染しているんじゃないかとか、感染させてしまうんじゃないかとか、いろんな葛藤があった」という。それでも「いつかはJリーグが再開されると思っていたし、再開された時に自分がベストな状態でいたいということで、自分なりにできるトレーニングを毎日やろうと」準備を進めていた。

 リーグ再開日は7月4日に決まった。改めて、今季の目標については「いつもそうですけど、試合に出て、勝利に貢献する、FWとしてゴールをする、アシストをする。それを目標にやっていきたい」と意気込みを口にした。

構成●サッカーダイジェスト編集部

【PHOTO】あの時、君は若かった…厳選写真で振り返るレジェンドたちの“ビフォーアフター”(国内編)

【PHOTO】53歳を迎え、ついに13年ぶりのJ1!35年目を迎えた”キング・カズ”のプロキャリアを秘蔵写真で振り返り!
【関連記事】
【名古屋】金崎夢生のコロナ感染の経緯を小西社長が説明。なぜ県外に移動を?Jリーグ再開への影響は?
【J歴代最強チーム番付】ベスト3のうち1位と3位にランクインしたクラブは?
興梠慎三が選ぶJ歴代最強チーム「数字が強さを物語る。ミシャのサッカーがハマって負ける気がしなかった」
「クボが話題の選手をからかう」久保建英がバイエルンの超新星に決めた“股抜き”にスペイン紙が再注目!
「全員バケモン」「出てくる選手がえぐい」長友佑都が選ぶ、衝撃を受けた“フィジカルモンスター”トップ3に反響!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ