「同じオーラを感じる」マンU戦士と“バスケ界の神”とイブラヒモビッチの共通点は? 「勝つことに飢えろと…」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年05月25日

人気ドキュメントで感化され…

スポーツ界屈指のカリスマ性を持っているイブラヒモビッチ(左)とジョーダン(右)。そんな二人の共通点をマンU戦士が明かした。 (C) Getty Images

画像を見る

 新型コロナウイルスによって、各国でロックダウン策が取られ、人々が自主隔離を余儀なくされるなか、ひとつのドキュメンタリー作品が人気を博している。Netflixで公開されている『マイケル・ジョーダン: ラストダンス』である。

 NBA界の神様と崇められるジョーダンと彼が所属したシカゴ・ブルズが優勝した1997-98シーズンの舞台裏に迫った同作は、本人はもちろん、数多くのチームメイトやライバルたちのリアルなコメントも紹介され、今月に公開されて以来、大ヒットとなっている。

 そんな作品に感化される人は少なくない。マンチェスター・ユナイテッドのジェシー・リンガードもその一人だ。彼は、ジョーダンのドキュメンタリーシリーズを見て、元チームメイトであるズラタン・イブラヒモビッチ(現ミラン)を思い出していた。

 2016年の夏に入団してからLAギャラクシーに移籍するまでの約2年で、公式戦53試合で29ゴールを挙げてユナイテッドを牽引したイブラヒモビッチ。その圧倒的なカリスマ性は、27歳のイングランド代表MFにも大きな刺激を与えていた。

 現地時間5月24日、中東のスポーツ放送局『beIN Sports』の取材に応じたリンガードは、ジョーダンとスウェーデンの巨星を、こう比較した。
 
「サッカー界のジョーダンなら僕はズラタンの名前を挙げなければいけない。彼はユナイテッドに来て以来、常にオーラを発していた。ズラタンはジョーダンと同じ勝利の考え方をしていた。僕らを駆り立てて、多くのトロフィーを勝ち取るための動機付けをしてくれた」

 さらにリンガードは、イブラヒモビッチとの日々を次のようにも振り返っている。

「彼には数々のビッグクラブでプレーしてきた中で得た勝利に対するメンタリティーがあった。あの時の僕やマーカス・ラッシュフォードは若かったし、そのメンタリティーを持っていなかったから、良いお手本になってくれたんだ。そして、僕らにもっと勝つことに飢えるべきだと教えてくれた」

 イブラヒモビッチが退団して以来、タイトルを手にできていないユナイテッド。やはりその影響力は計り知れないと言えそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ