「オファーを受けた」前トッテナム監督ポチェティーノ、来季は武藤所属のニューカッスルへ?

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年05月24日

「オファーを受けたと聞いた」

ニューカッスルの監督就任が取り沙汰されているポチェティーノ。 (C)Getty Images

画像を見る

 武藤嘉紀の所属するプレミアリーグのニューカッスルは、現オーナーのマイク・アシュリー氏から、サウジアラビアのキャピタルパートナーズのバックアップを得たアマンダ・ステーブリー氏への売却が進んでいる。現地時間5月23日付けの現地紙『ChronicleLive』によれば、売却額は3億ポンド(約390億円)で、リーグの承認を得て、成立は間近だという。

 そんななか、来季の監督人事に関する話題が浮上している。同紙はスティーブ・ブルース監督は今季限りで、来シーズンは新たに前トッテナム監督のマウリシオ・ポチェティーノを迎える動きがあると報じた。

 発言者はかつて横浜F・マリノスなどを指揮した、アルゼンチン出身のオズワルド・アルディレス氏だ。トッテナムOBであり、同胞のポチェティーノとの親交が深い氏が、同紙の取材に対して、「来季の監督になるだろう」と発言したという。

「(ニューカッスルから)オファーを受けていると聞いた。彼は世界でトップ3に入る監督であり、その気になればスペインやフランス、イタリアでも仕事はできる。だが、彼はプレミアが好きだ。イングランドでの新しい仕事に意欲的であることは間違いない」
 
 ポチェティーノは先日、英紙の取材に対して「職場復帰の準備はできている。できればまたプレミアでやりたい」と発言していた。

 アルディレス氏の言葉通りにポチェティーノが監督に就任した場合は、かなりの大型補強も考えられると報じられている。来週には売却問題の処理が終了するとされているが、武藤ら既存のプレーヤーたちにとっては、落ち着かない夏となるかもしれない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月13日号
    7月22日発売
    2020年シーズン更新版
    J1&J2全40クラブ
    最新戦術ガイドブック
    攻守のメカニズムを徹底分析!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ