「ステキ」「かっこいい」川崎DF谷口彰悟が“プッシュアップチャレンジ”に挑戦! 医療従事者へ感謝を伝える

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年05月18日

医療関係者から「頑張れます!」の声

SNSで医療従事者にエールを送る“プッシュアップチャレンジ”動画を投稿した谷口。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 川崎フロンターレのDF谷口彰悟が5月17日に自身のインスタグラムを更新。医療従事者への感謝を込めたバトンリレー『プッシュアップチャレンジ』に挑戦する動画を投稿した。
 
 プッシュアップチャレンジとは、もともとアメリカの退役軍人を励ます活動として行われていたバトンリレーで、バトンが回ってきた人はSNSで腕立て伏せをする動画を投稿。次の人を指名し、繋げていくというものだ。
 
 現在では、世界的な問題となっている新型コロナウイルスに打ち勝とうというメッセージや、医療関係者へ向けた感謝の意味を込めて行われており、海外の芸能人やセレブの間で流行していたが、バトンが日本にも上陸したようだ。
 
 主にスポーツ選手らが挑戦し、12日には元テニスプレーヤーの伊達公子さんから指名されたSC相模原MF稲本潤一が挑戦。次に指名したのが谷口だった。
 
 谷口は17日に稲本とチームメイトのGKチョン・ソンリョンからもバトンが回ってきたとして、動画を投稿。「医療従事者の方々への感謝の気持ちを込めてやらせていただきます」と発し、力強く腕立て伏せ10回行い、最後には「皆さん頑張ってください!」とエールを送った。
 
 コメント欄には、「ステキです」「かっこいい」といったこのチャレンジを絶賛する声や寄せられたほか、実際に医療に従事していると思われる方から「頑張れます!」というメッセージも届いている。

 川崎のキャプテンが次に指名したのは、同僚の下田北斗と脇坂泰斗。感染のリスクを負いながらも医療に携わる方たちへ感謝を伝える取り組みが、Jリーガーの中でも広がり始めている。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
小野伸二が選ぶJ歴代ベスト11「“魅せる”がコンセプト!でも言い争いが絶えないかも」
「マジで衝撃でしたよ」小野、稲本、本山が“一番スゴイ!”と認定した伝説の名手とは?【黄金の記憶】
【直近5年のJ1通算パス数TOP10】川崎勢が上位独占!名古屋からもランクイン!“2大勢力”に割って入ったのは…
セルジオ越後が選ぶJ歴代ベスト11「他の10人も”別格”と認めるだろうベストプレーヤーは…」
「なんだよ、ふざけんなよ…」。キリンカップ後に頂点へ達した怒り【福田正博が語る“オフトジャパンの真実”EP1】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ