【浦和】未来の守護神候補を青田買い! 専修大GK福島春樹の2016年新加入を発表

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2015年01月29日

関東大学リーグ4連覇・専修大で1年からレギュラーの不動の守護神。

関東大学リーグで2年連続ベストイレブンに選出されている福島。大学ナンバーワンGKの呼び声も高い選手だ。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 浦和は1月29日、2016年シーズンの新加入選手として、専修大3年のGK福島春樹が内定したことを発表した。
 
 静岡学園高で2011年のインターハイ準優勝の経験を持つ福島は、専修大入学後の1年春からレギュラーとなり、いきなり関東大学1部リーグの2連覇に貢献。13、14年には同リーグベストイレブンを獲得し、昨季までリーグ4連覇を継続中のチームを堅守で支えてきた。
 
 またリオ五輪世代でもある福島は、13年の東アジア競技大会にU-20日本代表のメンバーとして参加し、2試合に出場している。
 
 福島はコーチングと判断力に優れ、シュートストップの技術に長けているうえに、左足の正確なキックで攻撃の起点にもなれるGK。現在の浦和の守護神である西川周作と似たタイプと言えそうだ。浦和は、申し分のない実績と経験を持ち合わせた福島に、いち早くアプローチし、他クラブと競合することなく獲得に漕ぎ着けた。
 
 来季の浦和入りを決断した福島は、クラブを通じて「今まで自分を支えてくれたチームメイト、スタッフ、家族、すべての方々に感謝しています。今年は大学最終年となりますので、日々の努力を大切し、少しでもレベルアップできるように、そしてチームの関東大学リーグ5連覇を目指してがんばります」などとコメントしている。
 
 Jクラブが翌シーズンの加入内定を発表するのは異例だが、今季は柏に加入を決めた流経大3年の湯沢聖人に続き2例目となる。また過去には、10年1月に青森山田高2年だった柴崎岳が鹿島への加入内定を発表した例もある。
【関連記事】
【浦和】恒例の『Reds Festa』を経て鹿児島・指宿での2次キャンプへ
【浦和】Jとアジア制覇へ、ズラタン、石原ら新加入11人が2015年版ユニホームで登場!
ペトロヴィッチ体制4年目、浦和が始動!
【Jリーグ新体制】いよいよ新シーズンの陣容が明らかに!
【湘南×流経大】藤田祥、アリソン、武田、新加入組3発など4ゴール!湘南が充実の船出

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月28日号
    11月14日発売
    冬の移籍マーケット
    Jリーガー、欧州組etc
    注目株30人の
    「去就大予測」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ