「レジェンドに囲まれる天才」「興奮する!」大前元紀が投稿した“トリプルシンジ”との4ショットにファン歓喜!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年05月03日

「大前元紀もすげーし、まだまだいけるよ」と先輩岡崎も反応

18年には大宮でJ2得点王にも輝いた大前。今季から群馬でプレーする。写真:田中研治

画像を見る

 ザスパクサツ群馬に所属する大前元紀が投稿した“トリプルシンジ”との試合写真が話題となっている。

 神奈川県出身の30歳は、流経大柏でチームを高円宮杯、全国高校選手権の二冠に導き、その2大会と夏の高校総体を加えた3大会で得点王に輝くという快挙を達成。2008年に清水エスパルスに入団し、高卒1年目から試合に出場した。

 5月2日に自身のインスタグラムを更新した大前は、「思い出の写真。俺の記憶に残るすごい写真の1枚だな!!いつの写真でしょう?」(原文ママ)と綴り、「トリプルシンジ」「レジェンド」「最高な先輩」などのハッシュタグとともに1枚の写真を投稿した。

 アップしたのは、ゴールを決めた直後らしき大前と、現在FC琉球に所属するMFの“小野伸二様”、ウエスカでプレーするFWの“岡崎慎司さん”、2019年の1月にSC相模原で引退し、現在ツエーゲン金沢のクラブアンバサダーを務めるDFの“辻尾真二君”が収まった清水時代の写真だ。
 
 この投稿に岡崎が「大前元紀もすげーし、まだまだいけるよ」と反応、辻尾も「君づけしてくれてありがとよ」と投稿。また、歓喜したファンからは以下のようなコメントが寄せられた。

「こういうの嬉しいです」
「広島戦の初得点のときですか?懐かしいです」
「いい写真」
「すげぇ~」
「レジェンドに囲まれる天才だな」
「エグいな」
「やべーこれはこっち側も興奮する」

 海外でプレーする岡崎以外は、J2の試合で顔を合わせる機会もあるだろう。リーグが再開された暁には、大前と「最高な先輩」との“対戦”に注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ