「本当に速くて、強かった…」英代表DFが告白した“メッシやアザールよりも凄かった”対戦相手とは?

カテゴリ:メガクラブ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020年04月29日

「いつもジョークだと思われるんだけど…」

マンチェスター・ユナイテッドのレギュラーでもあるショーが挙げた凄かった選手とは? (C)Getty Images

画像を見る

 マンチェスター・ユナイテッドのルーク・ショーが、クラブの公式ウェブサイトで、サポーターからの質問に答えた。その中で、これまでに対峙してもっとも厳しかった相手に言及している。

 ショーはサウサンプトンのアカデミー出身で、トップチームでの活躍を経て、2014年にユナイテッドへ移籍した。わずか16歳でトップチームデビューを果たしてから、数多くの経験を積んできたイングランド代表は、意外な名前を挙げた。

 ショーは「いつもジョークだと思われるんだけど、今までで一番大変だったひとりは、ビクター・モーゼスなんだ。サウサンプトン時代に17歳で対戦した。若かったからかもしれないね」と話している。

「モーゼスは本当に速くて、ダイレクトで、強く、僕には大変だったんだ。僕はガレス・ベイルやリオネル・メッシ、エデン・アザールといった選手たちとも対戦してきた。彼らもみんな優れた選手たちだ。でも、本当に厳しい相手というと、僕はいつもモーゼスを思い出すんだよ」

 一方で、成長するうえで助けとなった選手を問われると、ショーは「難しいね。何人かいるから…」としたうえで、ズラタン・イブラヒモビッチとポール・ポグバの名前を出した。

「イブラがいた時は、練習で心身ともにみんなのことをプッシュしていたな。彼は強くしてくれるんだ。僕も彼からは多くを学んだ。彼は勝利を望むから、みんなをプッシュする。こちらを精神的にも強くしてくれるんだよ。

 もうひとりはポグバかな。彼はいつも僕によくしてくれた。自分を信じろと言ってくれた。彼も僕を信じてくれているとね。練習で僕をプッシュしてくれたひとりだよ。いつもポジティブなことを言って鼓舞してくれたんだ。ポールの影響は大きいと言わなければいけないね」

 7月で25歳となるショーは、これからキャリアのピークを迎えていくだろう。今後、イブラヒモビッチやポグバのように、後輩に影響を及ぼすような選手となっていくだろうか。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ