「どうやって接触プレーを避ける?」「ツバ吐きはリスクに繋がる」FIFAの医療部門トップがリーグ再開に警鐘!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年04月29日

「彼らがやるべきは来季の準備だ」

各国リーグの再開に警鐘を鳴らしているドホヘ氏。 (C) Getty Images

画像を見る

 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大は、サッカー界にも大きな影響を与えている。すでにオランダのエールディビジを含む一部のプロサッカーリーグは2019-20シーズンの打ち切りを決定。フランスのリーグ・アンも9月1日まで大規模な集会を禁止する政府の方針が発表されたことを受け、打ち切りが濃厚になっている。

 一方で、ドイツでは一定の条件下でトレーニングが再開された。イングランドやスペイン、イタリアでもクラブトレーニングが再開に向けて少しずつ動き出し始めており、シーズン再開へ準備を整えているとされる。

 そんななか、国際サッカー連盟(FIFA)で医療部門のトップを務めるミシェル・ドホヘ氏は 英国公共放送『BBC』が伝えた。

 ドホヘ氏は同局の取材に対して「今後数週間でフットボールが再開するのは、医学的見地からは非常に懐疑的だと言わざるを得ない」と述べ、警鐘を鳴らした。
 
「今、フットボールクラブがやるべきことは、来季に向けていい準備をすることだ。リーグ再開にリスクは間違いなくあり、それは小さな結果で済むようなリスクではない。生きるか死ぬかにかかわる問題になり得る。私は医師として話しているので、リーグを主催する経営者としての意見を述べることはできないが、健康は経済よりも重視されるべきだ」

 そして、リーグ再開の場合に設定されるであろう“ルール”も、現実的ではないと批判している。

「一定のルールのもとであれば、安全だという意見もあるが、サッカーでどうやって接触プレーを避けるのだろう? そんなルールがある状態で行なわれるプレーはサッカーと呼べるのだろうか?

 本当に完全にプレーできる状況が整うのは、予防接種プログラムが完成してからだ。また、衛生面でのルールは見直すべき。最低でもピッチに唾を吐くことは禁止しなければ。将来的なリスクにかかわるので、罰則を設けるべきだと思う」

 欧州サッカー連盟(UEFA)はシーズン完遂を求めており、ドイツでは早ければ5月にもリーグが再開するのではないかと報じられている。

 果たして、各国リーグは2019-20シーズンの再開を迎えるのか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ