「誰かがヴェンゲル監督に告げ口を…」 シュチェスニーが運命を変えた“喫煙事件”を回顧!

カテゴリ:メガクラブ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020年04月28日

「ヴェンゲル監督は僕が喫煙者だと知っていた」

アーセナル時代のシュチェスニーとヴェンゲル。 (C)Getty Images

画像を見る

 1本のタバコは、ポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニーのキャリアを大きく変えることになった。

 2015年1月1日、当時アーセナルに所属していたシュチェスニーは、サウサンプトン戦の試合後にロッカールームで喫煙していたことが判明。これを機に出場機会が減り、翌シーズンにローマへレンタル移籍している。

 アーセナルのポッドキャストに登場したシュチェスニーは、「当時の自分は喫煙者で、それは監督もよく知っていたんだ」と振り返っている。

「ただ、ロッカールームではだれにもタバコを吸うのを望まなかった。僕もそれは知っていた。(だが)試合の興奮から、まだチームがいたのに、タバコを持ってしまったんだ。シャワーの隅に行き、ロッカールームの反対側だったから、誰にも見られないと火をつけた」

 その行為はクラブの知るところとなり、メディアにも報じられた。

「監督本人ではなかったけど、それを誰かが見て、監督に告げ口したんだと思う。数日後、監督から事実か問われて『イエス』と答えた。罰金を科されたよ」

 その後、アーセナルではダビド・オスピナが台頭することになった。シュチェスニーは「監督からは『少し(メンバーから)外すことになる』と言われた。でも、大きな衝突ではなかったんだ。自分はとてもプロフェッショナルだった」と続けている。

「完全に、数週間後にチームに戻れるだろうと思っていた。でも、チームが好調で、オスピナが本当に良いプレーをしたんだ。それで彼がとどまった。それは、ポジションを取り戻そうとするか、レンタルで移籍して自分がクラブ最高の守護神だと納得させようとするか、ということだ。おかしく聞こえるけど、それが最善ということもある」

 ローマにレンタル移籍したシュチェスニーは、イタリアで評価を高め、国内最大のクラブであるユベントスへと移籍。ジャンルイジ・ブッフォンの後継者として、イタリアの絶対王者で正守護神の座を手に入れている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
デル・ピエロやブッフォン、C・ロナウドは何位? 現地番記者が選ぶ「過去20年のユベントス・レジェンドTOP10」
オールタイムでも1位はあの男! 現地番記者が選ぶ「過去20年のアーセナル・レジェンドTOP10」
「正直、行きたくなかった…」“ガラスの天才”がアーセナル入団を回想! 本音をぶちまけたワケは?
「ヨーダに会いに行く感じで…」ヴェンゲルの“革命”はいかにして成立したのか? アーセナルOBが語る舞台裏
「契約更新の打診がなかった」ファン・ペルシがマンUへの“禁断の移籍”の舞台裏を暴露!古巣アーセナルのCEOを批判

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ