メッシのチームメイトだった「史上最悪の11人」を英紙が選出!ソングやチグリンスキをバッサリ…

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年04月26日

「粘り強いが他には何もない」アルゼンチン代表MF

『The SUN』紙が選んだメッシの同僚ワースト11。(C)Getty Images

画像を見る

 大エースとしてバルセロナとアルゼンチン代表を長らく牽引してきたリオネル・メッシ。クラブではシャビ、アンドレス・イニエスタ(現ヴィッセル神戸)、ネイマール(現パリ・サンジェルマン)、代表ではセルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ)やアンヘル・ディ・マリア(パリSG)といった名手たちとプレーしてきた。

 だが、この10番のクオリティーに遠く及ばず、全く存在感を発揮できなかった選手も少なくない。英紙『The SUN』は4月25日、そんなメッシとともにプレーした「史上最悪の11人」を選出している。

 システムは4-2-3-1で、GKは代表の同僚ウィリー・カバジェロ(チェルシー)。2018年ロシア・ワールドカップのクロアチア戦の痛恨ミスがマイナスポイントとなったようだ。

 最終ラインは、右から「バルサの奇妙な契約のひとつ」だったブラジル人のドウグラス(現ベジクタシュ)、サンダーランドで「絶望的だった」元アルゼンチン代表のサンティアゴ・ベルヒニ(サン・ロレンソ)、ジョゼップ・グアルディオラ監督の肝いりで加入しながら、「1年でシャルタールに戻った」元ウクライナ代表のドミトロ・チグリンスキ(現AEKアテネ)、カンテラ(下部組織)出身で「トップチームではわずか4試合の出場」に終わったスペイン人DFマルク・ムニエサ(現アル・アラビ)という顔ぶれだ。
 
 セントラルMFは、アーセナルではいぶし銀の活躍を見せながら、「ブスケッツの代役として失敗した」元カメルーン代表のアレクサンドル・ソング(現シオン)と、「粘り強いが他には何もない」アルゼンチン代表エンソ・ペレス(リーベル)のコンビだ。

 2列目は、右にバルサのトップチームに昇格して7ゴールを挙げたものの、エバートンに「悲惨な移籍」をした後はキャリアが停滞しているスペイン人FWサンドロ・ラミレス(現バジャドリー)、中央は昨年1月にバルサに加入し、ノーゴールで去って行った元ガーナ代表FWのケビン=プリンス・ボアテング(現ベジクタシュ)、左はアルゼンチン代表として14年のW杯に出場したが、サンダーランドでは「ゴミだった」リカルド・アルバレスという構成だ。

 最前線はフランコ・ディ・サント(ベレス)。ウィガンやブレーメンではそこそこの結果を残したCFは、しかしアルゼンチン代表ではノーインパクトに終わった。

 バルサの同僚が6人、アルゼンチンの同胞が5人――。納得のワースト11と言えるのではないだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ