「変に急いでというのが怖かった」バルサ公式が安部裕葵のインタビューを公開! 日本でのリハビリやコロナの影響を語る

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年04月19日

「僕は全然元気なので」とファンへメッセージ

バルサTVで元気な姿を見せた安部。リハビリも順調な様子だ。 (C)Mutsu FOTOGRAFIA

画像を見る

 4月18日、ラ・リーガのバルセロナに所属する安部裕葵のインタビュー動画が、クラブの公式動画チャンネル『BARCA VIDEO』で公開された。

 安部は現地時間2月11日に行なわれたセグンダ(実質3部)のバルサB対プラット戦で大腿二頭筋を断裂。11日にフィンランドで出術を受け、2月末には日本に帰国し、リハビリを続けている。

 元気そうな姿を見せた安部は、まずインタビュアーからの「リハビリはどんな調子か?」という問いかけに、「順調です」と応じた。

「(リハビリの)最初のほうは全然動けなかったので、トレーナーさんの力を借りて、手術した部分を動かしていました。次に上半身をしっかりトレーニングしながら、下半身はエクササイズという感じで。今は少しずつ走り始めて、ペースも上がってきているので、動けることが楽しいです」

 バルサのスタッフとは週1回のビデオミーティングで進捗を報告しているという。チームメイトとのやり取りも、「主にインスタで、(アレックス・)コリャドだったり、リッキー(リキ・プッチ)とかと、ストーリーでふざけ合ったりしています」と明かしている。

 戦列を離れてからも、バルサBのチームメイトからはエールが届いていたようだ。「支えてもらったぶん、プレーできるようになったら、ほかの選手のサポートがしたい。それが僕のやるべきことだと再確認できた」と語っている。

 現在の自身の状況については、決して悲観していないようだ。

「変に急いでというのが怖かった。急いで怪我を治したいから、といって焦るのは、絶対に良くないので。こうやって時間があるということは、今はそうしなさいと言われているようなもの。しっかり焦らず自分の体を向き合って、いつかリーグ開幕したら、チームのために良いパフォーマンスができるように、しっかり準備していきたいと思います」
 

 また、日本での新型コロナウイルスの影響について尋ねられると、「海外も深刻ですが、日本でも少しずつ危機感が高まっている」と述べた。

「僕はいま東京にいるんですが、うまくストレスを溜めずに、やれることをしっかりやって、開幕に備えたい。いつ開幕するか分からないけれど、心も体も良い状態でバルセロナに戻れたらいいなと思います」

 スペインに戻ったらやりたいこと、という問いかけには「こんな状況だし、みんなと普通のことができたら満足するんじゃないかな」と返答。さらに日本のファンに向けて、「自分の活躍している姿を早く見せたい」とメッセージを送った。

「(怪我をしたときは)色んな心配や、不安の声ももらいましたけど、僕は全然元気なので。今は世界中が大変な時期ですが、みんな手を取り合って、乗り越えられたら。そして、またみんなで楽しいことをして、僕はサッカーをして、良いニュースを届けられたらなと思います」

 故障により、東京五輪出場が絶望視されていたが、思いがけない延期で再びチャンスを手にすることができた。21歳の若武者は、しっかりと自らのやるべきことを見つめているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ