ローマのクライファートが夢のベスト11を発表! メッシ、C・ロナウドとともに3トップに選出したのは?

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020年04月17日

現役Jリーガーの名も

ローマで活躍するクライファートがドリームチームを編成。(C)Getty Images

画像を見る

 ローマのFWユスティン・クライファートが、チームの公式ツイッター上で「ドリームチーム」を発表した。

 システムは自身が好きだという攻撃的な4-3-3を選択。「自分がプレーしていて好きなフォーメーションなんだ。僕が監督なら、これを採用する」と話すクライファートのドリームチームには、多くのレジェンド選手が名を連ねた。
 
「キーパーはブッフォン(ユベントス/元イタリア代表)だ。彼はとても若いときにキャリアをスタートさせ、いまでも第一線で活躍している。右サイドバックはカフー(元ブラジル代表)を選んだ。プレーを実際に見たことはないけど、たくさんの話を聞いているし、ユーチューブで観たことがある。並外れたサイドバックだよ。とても速くて、力強い」
 
「センターバックは、ファン・ダイク(リバプール/オランダ代表)とマルディーニ(元イタリア代表)だ。この2人なら相手に突破されないだろうし、ゴールを許すことはないだろね。左サイドバックは、マルセロ(R・マドリー/ブラジル代表)。信じられないくらいのテクニックを持っている最高の選手だ」
 
「中盤のひとり目は、まずはジダン(元フランス代表)だ。最高のプレービジョンを持っているし、いつ誰にボールを渡せば、どんなアクションが起きるのか熟知していた。インテリジェンスのある選手といえば、ピルロ(元イタリア代表)もそうだね。彼も自分のチームに入れないといけない選手だ。中盤の最後のひとりには、イニエスタを選ぶ。いいパスワークが見られそうだ」
 
「フォワードに関しては、本当に多くの選手が思い浮かんだよ。その中から3人を選んだ。やっぱり、クリスチアーノ・ロナウド(ユベントス/ポルトガル代表)とメッシ(バルセロナ/アルゼンチン代表)を外すことはできないね。彼らは20歳くらいのときから現在まで、信じられないような成績を残し続けている。いまでも世界最高の賞を競い合っているし、彼ら以外の選択肢は考えられなかった」
 
「そして最後のひとりは、ロナウド(元ブラジル代表)だ。最前線には、彼を配置したい。規格外のとんでもない選手で、数多くのゴールを決めてきた。クオリティーがあって、テクニックもあって、本当に傑出したストライカーだった。ユーチューブで彼のプレーを観るんだけど、信じがたいものばかりさ」
 
 クライファートのドリームチームは、GK:ブッフォン、DF:カフー、ファン・ダイク、マルディーニ、マルセロ、MF:ジダン、ピルロ、イニエスタ、FW:C・ロナウド、メッシ、ロナウドの11人。元オランダ代表の実父、パトリック・クライファートの名前は出てこなかったものの、誰もがうなずけるような顔ぶれとなった。
 
構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ