ACL5・6月開催分も再開未定のまま延期…新型コロナの影響による予防措置と移動制限を受けて

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年04月15日

日本の3クラブはいずれも無敗を継続していたが…

新型コロナウイルスの感染拡大の影響からACLも3月以降の試合が延期となっている。(C) Getty Images

画像を見る

 AFC(アジアサッカー連盟)は4月14日、5月から6月にかけて予定されていた主催試合の延期を発表した。これに伴って、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)も延期が決まった。

 AFCはACL延期の理由について、各国政府によって制定されている「継続的な予防措置と移動制限」を挙げ、「5月と6月に予定されているすべての試合を予告なく延期することを決定した」と説明している。

 さらにAFCは、世界で初めて新型コロナウイルスに対する予防措置を講じたサッカー連盟として行なう“最新の決定”が、「プレーヤー、参加チーム、役員、ファン、およびすべての利害関係者の安全と健康を確保するという取り組みを強化する」と強調した。

 今季のACLでは、日本からは横浜F・マリノス、ヴィッセル神戸、FC東京の3チームが本選に出場。2節を終えて、3チームとも無敗と好調な滑り出しを見せていたが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、3月以降の試合はすべて延期となっていた。

 今後の試合開催は未定のままとなっており、出場チームはさらなる過密日程を強いられそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ