“バンディエーラ”がサッカー界から消える!? ドルトムントのエースが語る悲しき現状「将来的にもっと減る…」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年04月11日

人生の半分をドルトムントに捧げてきた男の想い

有望な若手も多いドルトムントをキャプテンとしても牽引するロイス。 (C) Getty Images

画像を見る

 1995年のボスマン判決以降、契約切れの選手は自由に移籍できるようになり、またEUの設立によってEU圏内の選手は「外国人」扱いではなくなったことで、欧州のサッカー界は国内外の移籍が活発になった。

 そうした選手たちの入れ替わりが激しくなっている昨今で、もはや「絶滅危惧種」となりつつあるのが、一つのクラブに留まり続ける“バンディエーラ(イタリア語で旗頭の意)たちだ。

 プロデビューからクラブに忠誠心を誓い、クラブのイズムを完璧に理解し、文字通りチームを象徴する選手たちを指す、バンディエーラ。近年でいえば、ローマのフランチェスコ・トッティやリバプールのスティーブン・ジェラードあたりが代表格だ。

 いまではすっかり珍しくなってしまった彼らのような存在について、「サッカー界には、もうほとんどいない。この先、もっと減っていくよ」と語ったのは、ドルトムントのドイツ代表FWマルコ・ロイスだ。

 そのロイスもドルトムントで長い時を過ごしている。2012年夏にボルシアMGから復帰して、8年目。下部組織時代を含めると17年半も在籍したことになる。
 
 現在30歳で、実に人生の半分以上をドルトムントに捧げてきたロイスは、ドイツ誌『Die Welt』のインタビューで、次のように語った。

「僕や(バイエルンのトーマス・)ミュラーのような選手はサッカー界にはほとんどいない。将来的にはさらに減っていくさ。僕が、その代表例として思い浮かぶのはフランチェスコ・トッティとダニエレ・デ・ロッシの2人だけ。だけど、そういった一つのクラブに10年以上在籍する選手はこれからどんどん希少価値が高まっていくと思うよ」

 先述の通り、移籍のハードルが低くなっているだけに、ロイスの語るように“バンディエーラ”は今後ますます減っていくことだろう。

 ビッグネームの移籍がサッカー界に小さくない話題をもたらし、業界を活気づけているのは事実だ。一方で、ひとつのクラブで不変の愛を貫く選手たちが減っていく現状には、いささかの寂しさを感じてしまう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ