「残酷だ」「ミサイルのよう」ロベカルの“曲がりすぎる”35メートルFK弾に再脚光!伝説の一撃にファン驚愕

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年04月11日

フランスの名手も反応できず

FKだけでなく、ロベカルの強烈なシュートはGKの脅威となった。(C) Getty Images

画像を見る

 4月10日に47歳の誕生日を迎えたのがロベルト・カルロスだ。レアル・マドリーとブラジル代表で活躍したこの超攻撃的左SBは、パワフルなFKも魅力だった。

 アルゼンチン紙『Ole』は、“ロべカル”の誕生日に合わせて、「伝説のFK」の動画を公式ツイッターに投稿。改めて反響を呼んでいる。

 公開されたのは、1997年6月3日に開催された、フランス・ワールドカップ1年前のプレ大会「トゥルノワ・ド・フランス」のフランス戦で決めた衝撃弾だ。

 ゴールまで35メートルほどの距離でブラジルがFKを得ると、長い助走をとったロベカルが左足を一閃。アウトサイドで捉えたボールは、壁の外側を抜けた後、シュート回転して急激に曲がり、ゴールポストを叩いてネットに吸い込まれた。フランスの名守護神ファビアン・バルテズが反応すらできない、まさに驚愕の一撃だった。
 
 この動画を見たファンからは、次のようなコメントが寄せられている。

「美しい!」
「どうやって蹴ったんだ?」
「残酷なゴールだ」
「これぞ魔法」
「素晴らしい!」
「アニマルだ」
「ミサイルのようだ」
「文句なしで史上最高の左SB」
 
 約23年が経ったいまも色褪せることのないFK弾。伝説として、これからも語り継がれていくことだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
「ロベカルは100mを10.8秒、ラウールはマラソン選手級」マドリーの元コーチが“銀河系軍団”の驚異的身体能力を明かす!「ベッカムは…」
「悪魔の左足が甦った!」46歳ロベカルが22年前の“伝説アウトサイドFK”を鮮やかに再現!
「移動はプライべートジェット」「F1が観たいから…」ロベルト・カルロスが“銀河系軍団”のあきれた内情を暴露!
「信じられなかったよ…」銀河系軍団がSNS上で再会! ベッカムが “怪物”ロナウドとの秘話を明かす
「1000回は見られる」「魔術師だ」元マドリーMFグティが披露した“伝説のノールックヒールパス”に再脚光!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ