「バロンドールを獲りたいなら、リバプールを去るべき」セネガル代表OBがマネに移籍を進言!その意図は?

カテゴリ:メガクラブ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020年04月10日

「私が代理人なら、スペインに連れて行く」

「バロンドールの獲得が夢」と語ったマネ。 (C) Getty Images

画像を見る

 リバプールのサディオ・マネは先日、プレミアリーグ優勝のほかに、バロンドール受賞も夢のひとつだと話した。アフリカの選手がバロンドールを手にしたのは、1995年のジョージ・ウェアが最後だ。

 セネガル代表の先輩は、その夢を実現するためには、移籍が必要と考えているようだ。ディオマンシ・カマラは米スポーツチャンネル『ESPN』に対して、「マネがいつかバロンドールを獲得したいのなら、おそらくリバプールを去るべきだ。クラブは彼にとって最高の弁護士ではないだろう」と述べたという。

「(昨年はバロンドールの結果が4位で)表彰台までそう遠くなかった。わたしは、今年は彼が受賞に値するかもしれないと思っている。彼は仕事を続ける必要があるね。そして、クラブを変える必要もあるかもしれない。リバプールがマネの強みを生かしてはいないのを目にしてきた。そして、マネやモハメド・サラーも等しくレースにいたのに、人々は(フィルジル・)ファン・ダイクに投票したんだ」

 では、マネの新天地候補はどこなのか。カマラは「市場価値や現チームのクオリティーを考えれば、飛躍するために行けるクラブは多くない」とし、一例にレアル・マドリーを挙げた。

「彼のスタイルはマドリーが求める選手により近い。私が代理人なら、スペインに連れていく。我々みんな、マドリーカラーのマネを見ることを夢見ている。ジネディーヌ・ジダン監督が評価しているのも知っている。ただ、実現するかは見てみなければならない」

 さらに、カマラは「バルセロナもだ。フランスならパリ・サンジェルマン、イタリアならユベントス。ほかのクラブはあり得ない」と続けた。

「本当にマネが行けるクラブは3、4つしかない。ただ、彼は全アフリカの誇りなんだ。長く最前線で輝いてほしい」

 サラーやロベルト・フィルミーノとともに屈指の3トップを形成するマネだが、去就を巡る噂は後を絶たない。カマラの言葉を受け、マネはどう考えるだろうか。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ