「彼らは誤った行動に気づいた」ベルギー・リーグのシーズン打ち切りに撤回の可能性? UEFA会長が明かす

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年04月08日

欧州初のシーズン打ち切りになるかと思われたが…

ベルギー・リーグ側との会談内容を明かしたチェフェリン会長。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間4月2日、ベルギー・リーグは今季のリーグ戦を打ち切る方針を発表した。最終的な決定は、15日に開催予定の総会で下される見込みだが、コロナ禍による中止となれば、欧州初の事例となる。

 これに対して欧州サッカー連盟(UEFA)は、「打ち切りは最終的な手段」として文書で“遺憾”の意を表明。ベルギーではリーグ中断前の順位を最終結果とし、首位クラブ・ブルージュの優勝を認めるという方向で話が進んでいたが、中止にした場合は、チャンピオンズ・リーグ、ヨーロッパリーグの出場権付与に「リスクがある」と警告した。

 これを受けてベルギー・サッカー協会(KBVB)は欧州カップ戦の出場権を確保するため、「UEFAと建設的な話し合いを進める」と表明した。ベルギーのサッカー専門誌『VOETBAL PRIMEUR』によれば、現地時間7日に行なわれた記者会見でUEFAのアレクサンデル・チェフェリン会長は、「彼ら(KBVB)は誤った行動をしたことに気づいた」と発言したという。

「私は彼らと話し合いの場を持った。そして彼らは、自分たちの誤った行動に気づいた。もちろん、彼らの言い分についても説明を受けている。だが、何よりも我々に相談せずに、こうした決断を明らかにしたことが問題だと考えている」

 同誌によれば、両者の会談後、「KBVBは、クラブ・ブルージュの優勝を認めない形での打ち切り、または中止自体を撤回する案も検討する準備に入った」という。

 はたして中止の撤回はありうるのか。現地でも混乱が続いている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ