「いかなる罰をも受ける!」ドイツ代表DFがクラブに“無断”で外出し、高速道路のガードレールに激突!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年04月02日

「入院中の息子を見舞うためだった」と独紙

なぜ正直に理由をクラブに伝えなかったのか。バイエルンはボアテングに罰金を科す予定だ。(C)Getty Images

画像を見る

 バイエルン・ミュンヘン所属のドイツ代表DF、ジェローム・ボアテングが高速道路でスリップ事故を起こした。ドイツ紙『Bild』が伝えている。

 新型コロナウイルスの感染拡大が深刻な欧州にあって、各国サッカーリーグは軒並み中止・延期を余儀なくされている。ドイツ・ブンデスリーガも例外ではなく、名門バイエルンも活動を自粛中。クラブは選手たちに自宅待機と屋内での練習メニューを課しているが、今回ボアテングはその承認を得ずに、無断で外出したという。ライプツィヒの病院に入院している愛息ジェルマー君を見舞うためだ。

 アクシデントが発生したのは、その帰り道。高速道路で自身が運転するメルセデス・ベンツのスポーツクーペをスリップさせてしまい、路側帯を飛び越えてガードレールに激しく衝突した。事故直後の画像を見る限り、クルマは進行方向の逆を向いてガードレールに乗り上げており、かなりの衝撃があったと推測される。

 ボアテング本人に大きな怪我はなし。『Bild』紙は「スピードオーバーで起こした事故ではなかったようだが、ボアテングのクルマには夏用のタイヤが装着されていた。凍結した路面で車線変更をする際、ハンドルを取られてしまったのだ」と伝えている。

 
 クラブへの報告義務を怠ったのは事実で、ボアテング本人は猛省しているという。「クラブにちゃんと伝えなかったのは明らかミスであり、いかなる罰をも甘んじて受けるよ」とコメントする一方で、「息子のことが心配でしょうがなかった。健康状態は良くない。息子が父親に会いたがっていれば、すぐでも駆けつけたくなるものじゃないか」と理解を求めた。

 今季もバイエルンで公式戦24試合に出場している31歳。なにはともあれ、大事に至らなかったのは不幸中の幸いだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】ボアテングのベンツがクラッシュ! ドイツ高速道路での決定的写真はこちら!
【関連記事】
「大バカ者だ!」アストン・ビラ主将の“自宅待機呼びかけ→夜通しパーティー→事故現場から逃走”に非難殺到!
「恐怖でしかなかった」「遅すぎて妻も…」新型コロナに感染したアーセナル監督が“闘病生活”を激白!
「いくら有名人でも監獄行きだぞ!」レアルFWが“自主隔離”を無視して母国首相も市民も大激怒!
「絶対に許さない!」アジア人差別の愚行に及んだデリ・アリに中国ファンの怒りが爆発!
「正直、あなたは嫌われています」同僚ディバラの直球発言にC・ロナウドはどう反応した?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ