「いくら有名人でも監獄行きだぞ!」レアルFWが“自主隔離”を無視して母国首相も市民も大激怒!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年03月20日

帰国直後に繁華街に繰り出してパーティーを主催

知らなかったでは済まされない軽率な行動。ヨビッチが母国セルビアで“炎上”した。(C)Getty Images

画像を見る

 レアル・マドリー所属のFWルカ・ヨビッチが、母国セルビアでバッシングを浴びてしまった。英紙『Mirror』などが伝えている。

 新型コロナウイルスの感染拡大が深刻なヨーロッパにあって、スペインもおよそ1万7000人の感染者を出し、すでに死者は700名を超えている。他国のリーグと同様にラ・リーガは中断を余儀なくされ、各クラブはチームの活動を停止したり、選手にオフを与えたり、あるいは自宅待機を命じたりと、苦渋の対応を強いられている。

 そんななか、クラブの許可を得ずに母国セルビアへ一時帰国したのがヨビッチだった。セルビアも他国の例に漏れず、感染者数が多い国や地域からの入国者に対して確固たるルールを設けている。入国後はすみやかに“自主隔離”の状態に置き、28日間に渡ってキープすること。なかなか厳しい内容だが、セルビアが国として定めた規定である。

 ところが22歳のストライカーは、帰国した翌日にあっさりと禁を破ってしまう。ガールフレンドの誕生日パーティーを催すべく、首都ベオグラードの繁華街に友人たちを連れ立って繰り出してしまったのだ。これを目撃した市民がSNS上でヨビッチ一行の情報を流すと、瞬く間に炎上。大騒動に発展したのだ。

 
 一般市民だけでなく、セルビア政府の首脳も怒り心頭だ。アナ・ブルナビッチ首相が「誰もが羨むプロフットボーラーがとんでもなくネガティブなサンプルになってしまった」と嘆けば、ネボイシャ・ステファノビッチ内務大臣は「スポーツマンとして知名度があり、高額のサラリーを得ているからといって、罰せられないとでも思っているのか。法律を遵守しないなら、いくら有名人でも監獄行きだぞ!」とまくし立てた。

 ヨビッチがどこまで反省しているのかは伝わってこないが、ブルナビッチ首相は「元の場所(マドリード)に戻ってもらうかもしれない」と示唆しており、当局が逮捕・拘束に向けた動きを見せているとも。いずれにせよ、かなりきついお灸を据えられた格好だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ