ドイツ代表がレーブ監督の後任にクロップを熱望か? リバプールは長期政権希望も、本人の意向は…

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年04月02日

レーブの後任としてドイツ側が熱望

現ドイツ代表監督のレーブ(左)。その後任として名前が挙がっているのがリバプール指揮官のクロップ(右)だという。 (C) Getty Images

画像を見る

 新型コロナウイルスの影響でプレミアリーグは中断している。クラブ活動も自粛されているなか、リバプールは、将来の監督人事で頭を悩ませているという。英紙『Mirror』が報じた。

 同紙によれば、ドイツ・サッカー連盟(DFB)は、2006年に就任したヨアヒム・レーブ代表監督との2022年までの契約が満了後、後任に現リバプールのユルゲン・クロップ監督の招聘を熱望しているという。

 記事は、リバプール側はクロップの長期政権を望んでおり、「将来的な対立は避けられない」と指摘。こう綴っている。

「リバプールは2024年6月末までクロップと契約を結んでいる。さらに、アーセナルのアーセン・ヴェンゲル、マンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソンのような、長期政権を任せる契約を用意する考えがある。だが、“王朝”を築く野望は、ドイツからの高い関心によって、脅かされる可能性が出てきた」

 同紙は、クロップが過去のインタビューで、「将来、代表監督の仕事に取り組むことには興味がある」とコメントしたことがあると報じており、オファーがあれば、それに応じる可能性はもちろんある。

 最後に「リバプールでのキャリアを終え、ドイツ代表監督に就任するのは自然な流れであり、母国とクラブの間で争奪戦が起きそうだ」と記事は伝えている。52歳の指揮官の決断に注目が集まる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月4日発売
    歴代レジェンドチーム
    最強はここだ!!
    1990年以降の「ナンバー1」を
    海外記者の投票で決定
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ