【DAZN配信TM】名古屋が阿部浩之の決勝弾で1-0勝利!横浜FCは中村俊輔が左足の精度見せるも及ばず

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年03月28日

立ち上がり早々の4分にゴールを奪う

先制ゴールを挙げた阿部。リーグ開幕戦に続く得点を挙げた。写真:田中研治

画像を見る

 トレーニングマッチの名古屋グランパス対横浜FCは3月28日、豊田スタジアムで非公開によって行なわれ、名古屋が1-0で勝利を収めた。この試合はDAZNによって映像配信された。

 試合は立ち上がりから名古屋が敵陣に押し込みペースを掴む。4分には敵陣ペナルティエリア内での成瀬竣平のパスカットから、シミッチにつなぎ、最後は阿部浩之が振り向きざまに左足を一閃。ゴール右隅に突き刺し、名古屋が先制した。

 9分には、やはり右サイドの成瀬のクロスからファーサイドで受けた相馬勇紀が右足でコントロールショット。惜しくもクロスバーを直撃して得点には至らなかったものの、名古屋が主導権を握る。

 一方の横浜FCは、セットプレーから中村俊輔の精度の高い左足でチャンスをつくり出すが、シュートは枠を捉え切れない。逆に38分には自陣ゴール前でのバックパスをかっさらわれ、前田直輝に決定的なシュートを放たれるが、これは枠を外れ難を逃れた。

 前半は名古屋が1点をリードして折り返す。

 後半立ち上がりは横浜FCが前線への圧力を強め、名古屋を押し込む。やはり中村の高精度のパスからシュートにつなげるシーンも見られたが、得点には至らない。

 名古屋も徐々に落ち着いたパス回しでペースを取り戻し、主導権を奪い返すが、決定機までは作り出せない。結局、試合は1-0のままタイムアップ。名古屋が阿部の先制ゴールを守り切り、勝利を収めた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ