王様ペレが“メッシorクリロナ論争”に明快回答! それでも「史上最高は?」の問いにはニンマリと…

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年03月26日

相変わらず「マラドーナ」の名は出てこず

C・ロナウドかメッシか。王様ペレは「誰よりも継続的だ」と前者をより高く評価した。(C)Getty Images

画像を見る

 新型コロナウイルスの感染拡大が深刻な欧州では、各国のリーグ戦が延期・中断を余儀なくされ、フットボールファンも煮え切らない日々を送っている。

 話題が乏しくなってくると、自然に再燃してくるのが2大レジェンドの比較論だ。リネオル・メッシ(バルセロナ)とクリスチアーノ・ロナウド(ユベントス)はどちらが上か──。この論争に今回参戦したのが、ほかでもない王様ペレである。

 YouTubeチャンネル『Pilhado』のインタビューで披露した回答は、実に単純明快だ。

「今日の世界最高の選手は、クリスチアーノ・ロナウドだよ。ほかの誰よりも継続的に結果を出しているからね。もちろんメッシも忘れてはいけないが、彼はストライカーではない」

 C・ロナウドはこれまで公式戦1000試合出場で725得点を挙げ、一方のメッシは公式戦856試合で697得点を叩き出している。バロンドールはC・ロナウドの5回に対して、メッシは6回とひとつ多い。英紙『Mirror』などは「最終的にキャリアを終えた時点でバロンドールの受賞回数が多いほうが上」と独自の論調を展開しているが、ペレの価値観はよりシンプルだった。ちなみにペレは生涯で1281得点を決めている

 そしてインタビューの最後で、お約束とばかりに進行役が「史上最高のプレーヤーは誰ですか」と問いかける。すると悦に入ったキングは余裕しゃくしゃくにこう答えるのだ。

「難しいね(笑)。ジーコ、ロナウジーニョ、ロナウドは間違いなく候補だし、欧州ではフランツ・ベッケンバウアーとヨハン・クライフあたりがいる。ただそれでも、私の見識が正しいなら、ペレよりベターな選手はいないだろうね」

 相変わらずペレの口から、ディエゴ・マラドーナの名は出てこなかった。

 
 インタビューがいつ収録されたかは定かでない。最近は実息が「父は車いす生活が続いていて、自由に動けないためにうつ状態にある」と衝撃発言をしていただけに、容体が心配されいたが、映像を見る限りはいたって元気そうだ。

 持ち前の“キング節”も健在である。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月14・28日合併号
    4月23日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人が選ぶ
    Jリーグ歴代
    ベストイレブン
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ