「英語が堪能じゃなかったのに…」リバプール不動の若手DFが南野拓実の“語学力”に驚嘆!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年03月24日

“スカウス”の取得には…

アレクサンダー=アーノルド(左)は南野(右)の語学スキルを褒めちぎった。 (C) Getty Images

画像を見る

 今年1月にリバプールの一員となった日本代表FW南野拓実は、チームに溶け込んでいるのだろうか? 21歳のイングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドがそのコミュニケーション能力について語っている。

 21歳にしてチャンピオンズ・リーグ&クラブ・ワールドカップ制覇を経験した不動の右サイドバックは、米ファッション誌『GQ』のインタビューで、多岐にわたる質問に回答。そのなかで、「最も自身の訛りに苦戦しているチームメイト」を問われた際に、南野の名前を挙げた。

「たぶん一番苦戦しているのはタクミだね」

 チームの生え抜きで、いわば“リバプールっ子”であるアレクサンダー=アーノルドは、「スカウス」と呼ばれる方言を使う。その独特な言語については、南野自身もクラブの公式インタビューで「全く別の言語だと思ったぐらい!今も本当には理解しきれていない……」と吐露していたほどだ。
 
 だが、英語については着実にスキルアップしているようで、アレクサンダー=アーノルドは南野をこう絶賛した。

「タクミはここに来たばかりの頃、英語が堪能というわけではなかったんだ。だけど、僕がこれまで見てきた選手のなかで、一番、覚えるのが早いと思うよ」

 完全に“スカウス”を扱うには、まだ時間を要しそうだが、その順応力でチームメイトを驚かせた南野。5年に渡るオーストリア生活で磨いた語学力は伊達じゃないようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「別の言語かと…」「本当は理解しきれてない」南野拓実、独特すぎる“リバプール弁”への苦戦を告白!
「ミナミノが変化の鍵に…」リバプール地元紙が南野拓実を特集! いまだ0ゴールも期待をかける理由とは?
「ニンジャ?」「いやハンターだ」南野拓実が公開した練習中にショットにリバプールサポが沸き立つ!
「最も偉大な一撃」中村俊輔の芸術弾をセルティック地元紙が再脚光! 名手ファン・デルサルを唸らせたFKとは?
「車もヒデもめっちゃカッコイイ」「絵になりますね」中田英寿氏が投稿した高級オープンカーでの“ドライブショット”に反響!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ