「やばかったなぁ…」隔離生活を綴った吉田麻也の投稿に地元メディアが反応!「わずか2か月で見事に馴染んだ」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年03月20日

チームメイトが続々と感染

3月8日に待望のセリエAデビュー戦を飾った吉田。 (C) Getty Images

画像を見る

 新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるために、ヨーロッパの多くの国で人々は外出を控えている。プロサッカー選手も例外ではない。

 検査で陽性反応が見つかったチームメイトがいるサンプドリアの吉田麻也も同じだ。サンプドリアはマノーロ・ガッビアディーニを皮切りに、複数選手が陽性と判明。チームの面々は自己隔離中だ。

 死者数が中国を上回ったイタリアでは、著名人が「自分は家にとどまる」「団結、でも距離を空けて」など、様々なキャンペーン文句で外出を控えるように呼び掛けている。読書、料理、ゲーム……。各々が工夫しながら自宅で過ごす日々を乗り越えようとしているところだ。

 ただ、長期間にわたり、大半の時間を室内で過ごすのは、決して容易なことではない。そんななかで、吉田はサンプドリアの本拠地ジェノバの気候に救われているようだ。
 
 サンプドリア専門サイト『SampNews24』によると、吉田はインスタグラムのストーリー(24時間で消える投稿)で、テラスからの様子を公開。美しい海、19℃という温暖な気候に、「この天気がなかったら やばかったなぁ 隔離生活」との一文を添えている。

『SampNews24』はこの投稿を「ヨシダはジェノバに恋」との見出しで紹介。

「ジェノアに来てわずか2か月にもかかわらず、マヤ・ヨシダはすでに我々の地域に見事に馴染んでいるようだ。方言の知識を披露したのに続き、日本人CBはリグーリアの土地とその気候への愛情をSNSで表現した」

「方言」とは、8日にセリエAデビューを果たした吉田が、試合後のクラブ公式チャンネルのインタビューで発した「チャニン・チャニン」のことだ。「ゆっくり、ゆっくり」を意味するジェノバ地方の方言を駆使した吉田に、クラブ公式サイトのイタリア語版は「完璧なジェノア弁」と賛辞を寄せた。

 長年過ごしたイングランドを離れ、新たな挑戦を選んだ吉田は、イタリアの環境に馴染んでいるようだ。それだけに、ウイルスの影響でシーズンが中断したのは残念で仕方がない。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ