【千葉】スロベニア代表ペチュニクらが加入。“勝負にこだわる年に”

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2015年01月17日

関塚監督「シュート決定率を上げ、1位でJ1へ」

新体制発表会見に臨んだ新加入選手たち。左から仲村、水野、乾、浦田、岡、関塚監督、金井、ペチュニク、パウリーニョ、北爪。 (C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 千葉が1月17日、千葉市内で2015シーズンの新体制発表会見を行なった。
 
 補強は移籍加入が5人、U-18からの昇格が2人、大卒が1人、高卒が1人の計9人。総勢25人で2015シーズンに挑む。
 
 会見では島田亮社長、斉藤和夫テクニカルダイレクター(以下TD)、関塚隆監督がそれぞれの挨拶のなかで、昨季J1昇格を逃したことについて謝罪。
 
 島田社長は「今季は勝負の年。ひたむきに戦い勝利を得て、必ずJ1昇格を掴み取ります」とコメント。斉藤TDも「今季は戦える選手、走れる選手を中心に『自分が千葉をJ1に上げるんだ』という思いでやってもらいたい」と語った。
 
 また「昨季、昇格を逃した瞬間は忘れられない」と話した関塚監督は「今季の目標は自動昇格。J2で優勝を成し遂げたい。そのためにコレクティブな攻撃と守備を確立し、プレーと判断のスピード、正確性を高めたい。昨季の千葉のシュート数はリーグ2位だったが、シュート決定率はリーグ19位。決定率を上げ、勝利にこだわるプレーを積み重ねていきたい」と意気込んだ。
 
 得点力アップのキーマンとして期待がかかる現スロベニア代表のネイツ・ペチュニクは、「千葉はJ1にいるべきクラブ。チームのために自分のすべてを出したい」と熱い気持ちを見せ、8年ぶりの古巣復帰となった水野は「これまでの経験を若い選手に伝え、チームとしても個人としても結果を出したい」と笑顔で会場のサポーターに挨拶した。
 
 中盤のキーマンとなりそうなパウリーニョは「千葉に入って大きな責任を感じている。必ずJ1に戻す」と話し、「実はこれまでに2回、父が千葉でプレーする僕の夢を見ている」というエピソードを明かした。
 
 今季のチームスローガンは『一意専心』。1月19日に全体練習を開始し、1月26日から沖縄での1次キャンプに臨む。
 
取材・文:赤沼圭子(フリーライター)

【Jリーグ新体制】J1・J2全40クラブをチェック! 
 
Pos. No. 名前
 
GK
岡本昌弘
21 高木 駿
22 岡 大生
 
 
 
DF
 
 
 
 
大岩一貴
田代真一
北爪健吾
13 金井貢史
17 中村太亮
20 キム・ヒョヌン
24 栗山直樹
25 佐藤 祥
27 浦田 樹
28 乾 貴哉
 
 
 
MF
 
 
 
パウリーニョ
田中 佑昌
佐藤勇人
谷澤達也
14 町田也真人
16 佐藤健太郎
26 井出遥也
29 水野 晃樹
30 仲村京雅
 
FW
森本貴幸
11 ネイツ・ペチュニク
19 オナイウ阿道
【関連記事】
【Jリーグ新体制】いよいよ新シーズンの陣容が明らかに!
【J1・18クラブの移籍動向】清水ノヴァコヴィッチが名古屋へ完全移籍 FC東京のエドゥーは全北現代へ
【大宮】他を圧倒するJ2優勝への挑戦
【甲府】「一体」の旗印のもと、樋口新体制がスタート
【清水】指揮官は優勝を目指すと宣言! 絵空事で終わらせないためには…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ