神戸がトライすべき“イニエスタ依存”からの脱却。引いた相手を攻略するには…

カテゴリ:Jリーグ

白井邦彦

2020年03月02日

イニエスタへの依存が強すぎると…

攻撃の絶対軸であるイニエスタ。その存在感は絶大なだけに……。写真:徳原隆元

画像を見る

 神戸の開幕戦は横浜FCを相手に1-1のドロー。シュート数で相手よりも10本上回り(14対4)、ポゼッション率65%以上でゲームを支配した点では課題はない。だが、これだけ圧倒しながら1ゴール。開幕戦で見えた課題を強いて挙げるなら、引いて守備ブロックを固める相手からどうやってゴールを量産するか、ではないだろうか。

 ACLグループリーグ第1節のジョホール戦でも、横浜FC戦と同じように相手に引いて守られた。だが、その試合では5得点を挙げて快勝している。違いは、横浜FCの下平隆宏監督が「後半は割り切った」と述べたように、守備を固めてカウンターを狙うというサッカーに完全にシフトした点にある。

 おそらく横浜FCのように“割り切る”チームは今後も出てくると予想される。その際、開幕戦のようにアンドレス・イニエスタへの依存が強すぎると、なかなか結果に結びつかないことも出てきそうだ。

 リーグ中断前の2月25日。いぶきの森球技場では、開幕戦のスタメン組はリカバリー中心、それ以外は通常練習を行なった。イニエスタ不在の中で興味深かったのが、ある制限を設けた5対5。FWに縦パスが入ると、3秒カウント後にDF側が守備を開始する。狙いは、縦パスが入った後のバリエーションを増やすこと、そしてスピーディに攻めること。シャドーに入った小川慶治朗はこう説明する。

「引いて守られた時、FWに当てた後のコンビネーションがないと崩せない。開幕戦では、イニエスタが3、4人をかわして攻撃の幅を広げてチャンスを作っていたけれど、逆に言うと彼頼みになってしまっていたとも言える。もっと違う形も作らないといけないですし、そこのコンビネーションを意識して今日は練習をしていました」
 
 実際、その練習で1トップに入ったドウグラスとも、意見を交わしたと小川は続ける。

「ボールを大事にしたいのは分かるけれど、ゴール前なのでワンツーやフリックなどで速い展開をしないと崩せないとドウグラスは話していました。ドリブルで強引に行くのも有効ですけど、それだけでは対策も練られる。いろんなバリエーションがないと厳しい。ボール保持は大事ですけど、それだけでは点が入らないのも開幕戦では分かったと思います」

 横浜FC戦では、イニエスタからのパスではなく、セルジ・サンペールのスルーパスから古橋亨梧の同点ゴールが生まれている。それを考えれば、必ずしもイニエスタなしで得点する形がまったくないわけでない。だがイニエスタからの崩しがなければ、ゴール量産が難しいのも事実。

 今のままで神戸は強い。だが、あえて中断期間にトライすべきことがあるなら、“脱・イニエスタ”だ。

取材・文●白井邦彦(フリーライター)
 
【関連記事】
【セルジオ越後】助っ人のフィットが鍵!? 印象に残ったFC東京の強力3トップに、ホンモノ感が漂うオルンガ
【J1採点&寸評】神戸1-1横浜FC|最高評価はゲームを支配したイニエスタと共に4選手が並ぶ。MOMは攻守に貢献した快足FW
【岩本輝雄】ACL初戦を迎えるヴィッセルとマリノス。ゼロックスの激闘に見えた現在地
「なんてゴージャス!」「ふたりの神が…」イニエスタ&ジーコの“肩組み2ショット”に世界中から反響!
「これ、天才だろ」「恐るべきDNA!」イニエスタが公開した4歳愛息の“高精度キック”にファン感嘆!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ