食野、板倉ら日本人選手や青田買いへの影響は? FIFAがレンタル移籍の制限を発表! イタリア紙の見解は――

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年02月29日

板倉や食野はどうなる?

マンチェスター・シティの保有選手となっている食野(左)と板倉(右)にも今回の決定は影響を及ぼす可能性がありそうだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 FIFAの新たな施策は、今後の移籍市場にどんな影響を及ぼすだろうか。

 現地時間2月27日、国際サッカー連盟(FIFA)は、2020年7月から22歳以上の選手の国際レンタル移籍に制限を設けることを明らかにした。

 発表された内容によれば、その制限は、まず1クラブあたりの獲得・放出合計で8人までとし、2022-23シーズンまでに獲得と放出を3名ずつの計6名までにするという。さらに、FIFAは加盟協会が国内のレンタルシステムに同種の規則をもうけるうえで、3年の移行期間を与えるとした。

 現在の移籍マーケットでは、買い取りをオプションないし義務としたレンタル移籍が少なくないだけに、上限が設定されることで各クラブは対応が求められることになりそうだ。

 また、早い段階で選手を“確保”し、レンタルで武者修行に出して見極めていく方針にも影響するかもしれない。いわゆる青田買いを大量にしても、レンタルの制限に引っかかるようになるからだ。

 例えば、チェルシーやマンチェスター・シティは多くの若手選手を獲得し、武者修行に出すことで知られる。シティが保有権を持つ板倉滉(現フローニンヘン)や食野亮太郎(現ハート)など、日本人選手への影響も注目だ。

 レンタルの数が限定され、完全移籍が増えることになれば、当然リスクも生じるようになる。それだけに、スポーツディレクターといった幹部職やスカウト担当の責任も増すだろう。

 リスクある完全移籍をレンタル移籍と同等に扱うことは難しく、取引自体が減少するとの見方もある。その場合、代理人の収入にも影響があるかもしれない。イタリア紙『Corriere della Sera』は、近年大きな影響力を持つ代理人の力をセーブすることも目的との見解をほのめかした。

 新ルールが導入される来シーズンに向けた夏のマーケットには、より一層の注目が集まりそうだ。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ