「面白すぎる」「非常に良いアイデア」延期のはずの試合が開催?「#エアルヴァン杯」が大盛況!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年02月27日

名古屋の公式アカウントも参戦!

昨年のルヴァン杯で優勝した川崎フロンターレ。写真:田中研治

画像を見る

 日本政府は2月25日、新型コロナウイルスの影響を鑑み、「今後1~2週間が国内での感染拡大を最小限に抑える上で極めて重要な時期である」という対策基本方針に基づき、この期間に「最大限の対策を講ずる」と発表した。

 それに先んじてJリーグは、2月28日から3月15日までの3週間の間に開催予定のリーグ戦、ルヴァンカップの公式戦全94試合(ルヴァン杯16試合、リーグ戦78試合)の開催を延期する決定をしていた。

 しかし2月26日、延期になったはずのルヴァンカップの各試合が、「#エアルヴァン杯」としてツイッター上で”開催”された。

 サポーターたちの有志で始まったというこの取り組みは、瞬く間に拡散し、試合開始予定時刻の19時近くになると大勢の参加者が現われた。「#エアルヴァン杯GL仙台vsC大阪」はトレンド入りするなど大盛況だった。
 
 書き込みには、「1-4、祝、桜満開」、「都倉の気迫溢れる決勝ゴールと西川潤のキレキレな切り込みが最高でしたね」、「後半32分に豊川選手が抜け出して倒された場面はなぜカードが出なかったのでしょうか?」などそれぞれが妄想した試合展開をツイートした。

 また、この”試合”には様々な関係者も参戦。名古屋グランパスが公式アカウントで、「いつも通りの最高過ぎるゴール裏の仲間たち」とサポーターの写真を投稿すれば、リポーターの田中めぐみさんは疑似ヒーローインタビューを披露した。

 この投稿に参加したファン・サポーターは以下のようなコメントを残している。

「面白すぎる」
「サッカーオタクにはたまらないw」
「今日の試合を楽しみにされてた方がみんな楽しめて盛り上がれる非常に良いアイデア」
「ネガティブなこともポジティブに変えれるような柔軟な思考力を自分も身に付けたい」

 試合の延期をはじめ、新型コロナウイルスの影響で暗い話題が続いているが、そんななかでもサッカーの楽しみ方を生み出したサポーターの発想力は、素晴らしいというほかない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ