「C・ロナウドが降伏」「リヨンに翻弄された」CLで完封負けのユベントスを地元メディアが酷評!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年02月27日

「ミスが多すぎる」と指弾された2選手は?

リヨンの術中にはまったユベントス。頼みのC・ロナウドも抑え込まれた。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間2月26日に開催された、チャンピオンズ・リーグ(CL)のラウンド・オブ16第1レグで、ユベントスはリヨンに0-1の完封負けを喫した。

 序盤からリヨンに主導権を握られて押し込まれると、31分にリュカ・トゥザールに先制ゴールを許す。CBのマタイス・デリフトが接触プレーで頭部から出血して治療中だったというエクスキューズはあるとはいえ、この一人少ない時間帯に失点してしまったのは、試合巧者のユーベらしくなかった。

 なかなか反撃の糸口が掴めないイタリアの絶対王者は、62分にミラレム・ピャニッチに代えてアーロン・ラムジー、70分にはファン・ギジェルモ・クアドラードに代えてゴンサロ・イグアインを投入し、徐々に攻撃が活性化。終盤は猛攻を仕掛けたが、最後まで1点が遠かった。結局、枠内シュートはわずか1本に終わっている。
 
 リュディ・ガルシア監督の就任後は持ち直しているとはいえ、現在リーグ・アンで7位のリヨンになす術なく敗れたユーベを、地元イタリアのメディアは糾弾している。

『Gazzetta dello Sport』紙は、「C・ロナウドが降伏した」と見出しをつけ、「孤立していたクリスチアーノ・ロナウドは独力で仕掛けたが、最後は降伏した」と綴り、中盤のピャニッチとロドリゴ・ベンタンクールについては「ミスが多すぎた」と扱き下ろした。

 同じく『Corriere dello Sport』紙も、「(マウリツィオ・)サッリ監督は中盤の構成を完全に誤った」と酷評。「リヨンに翻弄された」と厳しい評価を与えている。

 昨シーズンもラウンド・オブ16の第1レグでアトレティコ・マドリーに0-2と完敗を喫し、C・ロナウドのハットトリックによって第2レグで大逆転したユーベ。3月17日にホームで開催されるリターンマッチで、その再現ができるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ