• トップ
  • ニュース一覧
  • 「1月までは深刻でなかったのに今では…」中国でプレーする“ナポリの英雄”が、コロナウイルスの恐怖を告白

「1月までは深刻でなかったのに今では…」中国でプレーする“ナポリの英雄”が、コロナウイルスの恐怖を告白

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年02月25日

バルサに挑む古巣については…

中国へ渡って1年が経過したハムシク。現在はナポリ時代の恩師ベニテス監督の下でプレーしている。(C)Getty Images

画像を見る

 ナポリの英雄マレク・ハムシクが、チャンピオンズ・リーグのラウンド・オブ16で古巣がバルセロナと対戦するのを前に、スペイン紙『MARCA』のインタビューに応じている。

 2007年夏にブレッシャからナポリへ加入したスロバキア代表MFは、11年半に渡って在籍。クラブ史上最多の公式戦520試合に出場し、あのディエゴ・マラドーナの記録を抜く121ゴールを挙げた。19年2月に退団し、現在は中国の大連プロフェッショナル(旧大連一方)でプレーしている。

 ファンから絶大な人気を集めた「ナポリの太陽」は、リーガ王者と対戦する古巣について、こう語った。

「ガットゥーゾ監督になってから改善された。以前よりもコンパクトになったし、バルセロナも苦労するかもしれない」

 時差があり、ナポリのゲームをすべて観るのは不可能ながら、チャンピオンズ・リーグはチェックしているというハムシクは、リオネル・メッシを擁するバルサを破るのは奇跡に近い、と認めたうえで、こう続けた。

「サッカーでは何でも起こり得る。ナポリは、ホームで正しく戦わなければならない。サン・パオロでは常に強いし、パリ・サンジェルマンやリバプールにも勝った。そこが強みで、バルサにとっても難しい試合になるだろう」

 そして、「攻撃をする必要がある。恐れることはない」とエールを送った。

 また、中国の武漢から発生し、世界各地で猛威を振るっている新型コロナウイルスについては、懸念を隠せなかった。

「1月の時点ではそれほど深刻ではなかったのに、今では気掛かりだ。リーグがいつ再開されるか分からない。ウイルスへの対応を尊重する必要がある。(試合をするのは)簡単なことではないし、すべての人を安心させる必要がある」

 ハムシクの元には、ナポリの人々からも心配する声が多数寄せられているという。「事態は悪化している。皆のために早く良くなってほしいけど……」と状況を危惧した32歳は、再び中国のピッチ立つことができるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
「戦争のようなものだ」新型コロナウイルスの影響でユベントス対インテルなどセリエA数試合が無観客で実施へ。バロテッリは開催自体を批判!
Jリーグが新型コロナウイルスの影響でリーグ戦全カテゴリーの開催延期を発表。再開は3月18日を予定
「正直とても怖い…」新型ウイルスの猛威に武漢でプレーする元浦和FWラファエル・シルバが胸中を語る
「エレベーターで唾を吐くと聞いていたが…」名将リッピが中国を語る。新型ウイルスの影響に何を想う?
「正直、出て行くことも考えた」「残念ながら…」新型ウイルスの影響にフッキら中国でプレーする大物助っ人が胸中を告白

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ