• トップ
  • ニュース一覧
  • 開幕戦で2発の新エース小川航基も「チームのために走り、考える」。J1復帰を狙う磐田に浸透してきた献身性

開幕戦で2発の新エース小川航基も「チームのために走り、考える」。J1復帰を狙う磐田に浸透してきた献身性

カテゴリ:Jリーグ

高橋のぶこ

2020年02月27日

「ひとりでもサボる選手がいると勝てないから100%やっていく」

開幕の山形戦で2ゴールを挙げた小川航。守備面でも献身性を発揮した。(C) J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

 ホームに山形を迎えた開幕戦、磐田は前半に小川航基が2得点を挙げ、後半の相手の反撃も凌いで完封勝利を飾った。

 加入7年目で初の開幕戦先発を果たした右サイドバックの小川大貴は、「J2の他のチームがこれからどういう目で僕たちを見てくるかが決まるという意味でも、絶対に勝たなければいけない試合だった」と、白星スタートに安堵の表情。チームメイトから「心臓」と信頼され、攻守に闘志みなぎるプレーを見せ存在感を示したボランチの山本康裕も「初戦はすごく大事な戦いだと意識していたし、J2は自分自身初めてなので、相手のレベルや展開を探りながらプレーしたけど、前半から試合に入れたし、みんな頼もしかった。これからも全力で相手を倒しに行くという気持ちを統一していきたい」と試合を振り返り、長い戦いを見据えた。

――◆――◆――

 試合は前半、磐田のペースで進んだ。その中で、水戸から復帰した新9番が早速結果を出し、チームを勢いづける活躍を見せたことは、今後に向けての好材料のひとつだ。

 先制は13分。宮崎のロングフィードを受けた山本が右足を振り抜くと、渾身のシュートはGKの手を弾いてゴール前へ。しっかり詰めていた小川航がゴールに押し込んだ。「『この1年で人生が変わった』と言えるくらいの大活躍をしたい。チームとして飛躍したいし、自分が毎試合2点ぐらいとる働きをしないといけないと思っている」と、今シーズンへの並々ならぬ意欲を語るエースストライカーは、さらに35分、松本昌也のCKを高い打点のヘッドで捉え、思惑通りの2得点。勝利を引き寄せた。

 小川航が開幕前から意識してきていることのひとつが、2トップを組むルキアンと動きやプレーが重ならないようにすること。監督からはとくに「横並びで待つことがないように」と常々要求されている。

「僕もルキアンもひとつ下がって身体を張って(ボールを)受けられる。練習試合で最初に組んだ時と比べると、そこは間違いなく良くなっていると感じた。もっと上げていきたいし、ふたりで崩す場面もつくっていきたい」とリーグの実戦で、手応えを得たようだ。

「チームのために走り、考えること」も、小川航が自身のレベルアップのために、今季強く胸に秘めていることだ。

「分かっていることだけど、それを実際にピッチ上のプレーで表わすのは難しいことだった。でも、それが自分自身のパフォーマンスの向上につながるということを、水戸や(五輪)代表に行って改めて確信できた」と言う。

 そうした献身の意識が如実に表われていたのが、前線での守備。「試合で得点の次に大事にしているのは、守備や周りを助ける動き。ひとりでもサボる選手がいると勝てないから、そんな時も100%やっていく」という言葉通り、ルキアンとともに足を止めず、プレスをかけ続けた。
 
【関連記事】
【清水秀彦のJ2順位予想】大宮、磐田は上位にいるべきチーム。手倉森体制2年目の長崎も昇格候補か
【早野宏史のJ2順位予想】“堅実派”指揮官を迎えた千葉に注目! 磐田のフベロ監督は初のJ2でどう振舞うか
「練習で頭が疲れるんです」王者マリノスへ来季3人が新加入する興國高の育成スタイルとは?
【識者の視点】攻撃型主流のJ1を制するのは?双璧を成す横浜、神戸が懸案材料を抱えるなか、浮上してくるのは…
【名良橋晃のJ2順位予想】大宮の高木監督、長﨑の手倉森監督の手腕を評価。反町体制に終止符を打った松本は…

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ