「敗因は彼らがオンナたちと…」名門ステアウアの会長が放った大問題発言に欧州メディア騒然!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年02月27日

3戦勝ち星なしで5位に低迷するなか…

今シーズンも国内リーグの覇権奪還が厳しくなってきたステアウア(赤)。怒り心頭の会長が発した“暴言”に選手たちの胸中は……。(C)Getty Images

画像を見る

 にわかに信じがたいが、クラブチームのトップが放った本当の言葉である。

 現地2月26日、欧州各国メディアがこぞって報じたのが、ルーマニアが誇る名門ステアウア・ブカレスト(現在の正式名称はFCSB)の名物会長、ジジ・ベカリ氏の大問題発言だ。

 国内リーグ最多26回の優勝を誇り、1985-86シーズンにはチャンピオンズ・カップ(現チャンピオンズ・リーグ)を制して欧州王者にも輝いた強豪だが、直近4シーズンはすべて2位とリーグタイトルを逃がし続けている。2019-20シーズンもここまで5位と低迷。先週土曜日、ホームでのキンディア戦も1-1のドローに終わり、3戦連続の勝ち星なし。首位のCFRクルージュとのポイント差は今シーズン最大の「8」に開いた。

 その結果を受けて、大物政治家で国内有数の実業家であるベカリ会長の堪忍袋の緒が切れる。報道陣の前で、一気にこうまくし立てたのだ。

「なぜこんなに勝てないのか。敗因は明らかだ。選手がオンナたちとセックスをし過ぎているんだよ! だからだろう。まるでフットボールになっていない!」

 ひるがえって、首位チームを皮肉っぽく称えた。クルージュを率いるのは元ルーマニア代表のレジェンド、ダン・ペトレスク氏である。ベカリ会長は「ペトレスクを見てみろ。彼の選手たちは週に一回しかセックスをしていない。週に一回しかオンナたちに会ってないんだよ!」とコメント。そのうえで、ステアウアのエースであるFWフロリネル・コマンを槍玉に挙げ、「コマンは休んでばかりだろ。なにかほかのことをやってるんだ」と容赦ない。

 
 この発言に対するステアウアの選手やクルージュ側の反応は伝わってこないが、フランスの全国スポーツ紙『L’equipe』は「名門クラブのトップとは思えない振る舞いだ。前代未聞だろう」と評し、英紙『Daily Mail』は「ここまで選手を愚弄した言葉はない。議論の余地がない失言だ」と断じている。

 過去17年間に渡ってオーナー兼会長を務め、しばしば度が過ぎた現場介入で話題をさらってきたベカリ氏。おそらく今回も反省などせず、クラブ内で問題とされることもないのだろう……。ちなみに氏は少年時代、ステアウアの宿敵であるディナモ・ブカレストの熱狂的なファンだったという。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ