• トップ
  • ニュース一覧
  • 「とても情熱的だと…」南野拓実、リバプール移籍の舞台裏を告白。“悩み”を打ち明けた二人の先輩とは?

「とても情熱的だと…」南野拓実、リバプール移籍の舞台裏を告白。“悩み”を打ち明けた二人の先輩とは?

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年02月26日

プレミア経験がある日本代表の二人に…

タイトル争いをするチームで出場機会を得られない日々を送っている南野だが、本人は小さくない手ごたえを感じているようだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 25歳のサムライ戦士が、大きな話題となった今冬のリバプール移籍の舞台裏を明かした。

 現地時間2月25日、地元紙『Liverpool Echo』は、リバプールの公式プログラムに掲載された日本代表FW南野拓実のインタビューを公開。その中で移籍に際して、二人の“先輩”に相談していたことを打ち明けている。

 その二人というのが、吉田麻也(現サンプドリア)と香川真司(現サラゴサ)である。いずれもかつてプレミアリーグでプレーし、後者はリバプールの指揮官ユルゲン・クロップの薫陶をドルトムント時代に受けていた間柄だ。

 キャリアを大きく変えるメガクラブへの移籍を前に南野は、先輩二人に何を話したのか? 当人はこう語っている。

「サウサンプトンにいた麻也さんとは話した。もちろん、自分はプレミアリーグに行くだろうと伝えただけで、リバプールになるとは決して言わなかったよ! あとクロップ監督の下でプレーしたことがある真司さんとも話した。

 クロップとも真司さんについて話したし、真司さんはクロップのことを話してくれた。そこからは2人が本当に良い関係にあったことが感じられた。真司さんは、ピッチ上でのクロップはとても情熱的で、選手のことを理解しようとすると言っていた。加入したら、まさにその通りだった」

 さらに南野は、香川から「クロップは世界で最高の監督の一人だ」と言われたことを明かし、ドイツ人監督に対する印象も語っている。

「加入してから2、3日後に、クロップは『君は自分が望むどんな方法でもプレーできるし、楽しんでプレーしろ』と言ってくれた。選手として、彼が言ってくれたことは本当に嬉しかった」

 プレミアリーグを独走するチームにあって、公式戦の出場がわずか4試合の出場にとどまっている南野。「街、食べ物、チームメイトにもかなり慣れてきた」と語る日本代表FWの今後に期待したい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
「タキが先発で見たい」「もっと出番を」リバプールサポが南野拓実の次節スタメンを熱望! そのワケは?
南野拓実のライバルや中島翔哉の名前も!「市場価値が高いのに出番の少ない選手」11人を移籍専門サイトが選出
「比べられる状況では…」南野拓実と元同僚ハーランドを比較する声に、クロップ監督の見解は?
「彼は才能に満ち溢れている」マジョルカ加入の元韓国代表MFキ・ソンヨンが“新同僚”久保建英を絶賛!
「クボが47231人の観衆を黙らせる」「強烈なショット」1G1Aの久保建英をスペイン紙が称賛!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ