「C・ロナウドは最悪」「ディバラのほうが上手い」ユベントスの“直接FK論争”が再燃!

カテゴリ:メガクラブ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020年02月19日

ディバラはここまで計11ゴール。

ディバラ(左)とC・ロナウド(右)。写真:Alberto LINGRIA

画像を見る

 2018年夏にクリスチアーノ・ロナウドが加入して以来、ユベントスの直接FKはこのポルトガル人スーパースターが主に担ってきた。
 
 C・ロナウドはそのキャリアにおいてFKで数々のゴラッソを沈めてきた名手であり、ユベントスでも絶対的エースの立場にあるだけに、当然と言えば当然だろう。
 
 しかし、ユベントス加入から1年半が経った今も、C・ロナウドの直接FKからのゴールはゼロ。壁に当たったり、ゴールの枠を捉えられなかったりするシーンが目立つ。
 
 そのC・ロナウドが休養した現地時間2月16日のブレッシャ戦(セリエA24節)では、38分にパウロ・ディバラが見事な直接FKで先制ゴールを奪った。
 
 ディバラの直接FKゴールは、今シーズンだと右サイドの角度のないところから叩き込んだCLアトレティコ・マドリー戦に続く2発目。5年目を迎えたユベントスでは計11ゴール目のだ。ここ2シーズンはC・ロナウド加入で蹴る機会が減っている中で、驚異的な決定力と言えるだろう。
 
 少なくとも直接FKの決定力に関しては、ディバラがC・ロナウドを上回っているのは明らか。ブレッシャ戦後、SNSではユベンティーノの書き込みが目立った。
 
「やっぱりFKはディバラのほうが上手い」
「もうロナウドに蹴らせるのは止めよう」
「今回で改めてディバラのほうが上と証明された」
「ディバラこそがユベントスで最高のキッカー」
「ロナウドはFKに関しては最悪。ディバラに蹴らせるべき」
「ディバラのFKはセリエAナンバー1。蹴らせない意味が理解できない」
 
 ちなみにユベントスは、ミラレム・ピャニッチというもう1人のセリエA屈指のフリーキッカーも擁している。今後、C・ロナウド、ディバラ、ピャニッチによる「FK論争」がさらに過熱することになりそうだ。
 
構成:ワールドサッカーダイジェスト編集部
 
【イケメンPHOTO】ユベントスFWディバラ|C・ロナウドらとユベントスの攻撃を牽引する26歳のレフティ!
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ