アンリ、トレゼゲ、そしてラウール! 前線に超ワールドクラスが揃う「1977年生まれ」でベスト11を組むと?

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020年03月05日

最終ラインは人材不足が否めず…

『ワールドサッカーダイジェスト』誌が選んだ1977年生まれのベスト11。(C)Getty Images

画像を見る

 生年ごとにベスト11を選んで「最強世代」を見つけ出すのが、『ワールドサッカーダイ
ジェスト』誌で好評連載中の「年代別ベスト11」だ。17回目となる今回は「1977年生まれ」をフォーカスする。 

 人材が豊富なのが前線だ。

 2トップはともにフランス代表の一員として98年ワールドカップとEURO2000のメジャー大会連覇に寄与したアンリとトレゼゲで構成。その後方には、公式戦出場試合数が歴代1位のレアル・マドリーで、計16個のタイトルを獲得したラウールが君臨する。

 この3人の超ワールドクラスがそのキャリアで奪った通算ゴールの合計は1000を超えており、攻撃力は抜群だ。
 
 MFにも役者が揃う。豪快なドリブル突破が売りのユングベリと、ポルトとバルサでビッグイヤ―を手繰り寄せる原動力となったデコを2列目に配し、中盤センターには黄金期のミランを17年に渡り支えたアンブロジーニと、複数のメガクラブを渡り歩き、8度の国内リーグ優勝を経験したファン・ボンメルをチョイスした。
 
 中盤から前の顔ぶれに比べると見劣りが否めないのが最終ラインだ。

 強靭なフィジカルを誇り、チェルシーやアーセナルで活躍したガラス以外にCBは一線級が見当たらず、SBが本職のザンブロッタとグロッソを組み込んだ3バックはいわば苦肉の策。近距離のシュートストップに定評があった守護神アッビアーティも、ワールドクラスには届かなかったタレントだ。

 守備は盤石とは言えず、「A」評価にとどまった。
総合評価「S」(SS、S、A、B、C、Dの6段階)

●1977年生まれのベスト11●
【GK】 
クリスティアン・アッビアーティ
代表:元イタリア代表
主な所属クラブ:ミラン

【DF】
ファビオ・グロッソ
代表:元イタリア代表
主な所属クラブ:リヨン、ユベントス

ウィリアム・ガラス
代表:元フランス代表
主な所属クラブ:チェルシー、アーセナル、トッテナム

ジャンルカ・ザンブロッタ
代表:元イタリア代表
主な所属クラブ:ユベントス、バルセロナ、ミラン

【MF】
マッシモ・アンブロジーニ
代表:元イタリア代表
主な所属クラブ:ミラン

マルク・ファン・ボンメル
代表:元オランダ代表
主な所属クラブ:PSV、バイエルン、ミラン

デコ
代表:元ポルトガル代表
主な所属クラブ:ポルト、バルセロナ、チェルシー

フレドリック・ユングベリ
代表:元スウェーデン代表
主な所属クラブ:アーセナル

【FW】
ラウール・ゴンサレス
代表:元スペイン代表
主な所属クラブ:R・マドリー、シャルケ

ティエリ・アンリ
代表:元フランス代表
主な所属クラブ:モナコ、アーセナル、バルセロナ

ダビド・トレゼゲ
代表:元フランス代表
主な所属クラブ:モナコ、ユベントス

※『ワールドサッカーダイジェスト』2020年2月6日号より転載

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ