【ACL採点&寸評】FC東京1-0パース・グローリー|ビューティフィルショットのレアンドロはもちろん、黙々と仕事をこなした守備職人が素晴らしかった

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2020年02月18日

FC東京――安部は小川へのスルーパスで敵陣にヒビを

【MAN OF THE MATCH】森重真人(FC東京)

画像を見る

[ACL・グループステージ2節]FC東京1-0パース・グローリー/2月18日/東京スタジアム

【チーム採点・寸評】
FC東京 6
前半は相手の堅守を崩せず、明らかに攻めあぐねた。迎えた後半もなかなか決定機を作れなかったが、レアンドロの決勝点で勝利。ホームで勝点3を得たのがなにより大きい。

【FC東京|採点・寸評】
GK
33 林 彰洋 5
17分のキックミスはいただけない。この日は全体的にキックの精度に難ありで、ゴールキックが直接相手に渡るケースも目についた。

DF
2 室屋 成 6
オーバーラップからのクロスでいくつかチャンスを演出。前線への良い抜け出しもあったとはいえ、特別凄かったわけではない。及第点という評価が妥当だろう。

MAN OF THE MATCH
3 森重真人 6.5
フィジカル勝負で強さを見せつけ、カバーリングもそつなくこなす。黙々と任務を遂行するディフェンスリーダーには貫禄すら窺えた。

4 渡辺 剛 6
20分のパスミスは少しヒヤリ。ただ、試合を通して地に足がついた状態で戦えており、ネガティブな印象はほとんどなかった。

6 小川諒也 6
守備はまずまず安定。48分に身体を張って敵のカウンターになりそうなところを防いだのは素晴らしかった。50分のクロスも質は高い。
 
MF
8 髙萩洋次郎 5.5
長短のパスを使い分けて局面打開を図った。それでもなかなかチャンスにつながらず、決定的な仕事をこなすまでに至らなかった。

18 橋本拳人 6
最終ラインまで下がって組み立てに関与するなど、臨機応変に対応。致命的なミスはなく、アンカーの仕事を無難にこなした印象だ。

31 安部柊斗 6(90+2分OUT)
前半に限ればあまり目立たず。ただ、後半は同サイドの小川へのスルーパスで敵陣にヒビを入れるなど好プレーのほうが光った。運動量は相変わらず半端ない。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ